貯金1000万円を達成するまでにやった10のこと

貯金1000万

こんにちは。つくしです。

今回は、貯金1000万円を達成するまでにわたしがやったことを10コ紹介します。

この記事でわかること

  • 具体的な貯金のやり方
  • 減らせるかもしれない支出
  • 貯金体質になる考え方

貯金のコツについては何度か記事にしていますが、今回はもうちょっと踏み込んだ内容になります。

テクニックというとちょっと大げさだけど、実際にやったことを書いているので真似しやすいと思います!

あなたの貯金のお手伝いができたら嬉しいです(*^^*)

家計簿をつける

貯金1000万

貯金を計画的にするにはお金の出入りを把握することがイチバンです。

お金の出入りがわからないと貯金できる金額なんてわかりませんからね。

家計簿をつけて収支を見える化しましょう。

わたしは単純に使いやすいという理由でスプレッドシートで家計簿をつけていますが、今から始めるならアプリがオススメです。

最初に登録すれば、あとは集計まで自動でやってくれるので手間いらずです。

やり方はなんでいいので1ヶ月の収支を記録してみてください。

ちなみにわたしの家計簿を公開しています。

よろしければ合わせてごらんください。

家計簿200530代独身女性 一人暮らしの家計簿【2020年5月】

支出を見直してムダを削る

貯金1000万

家計簿をつけたら、ムダな出費や削れそうな出費を探して家計のスリム化をしました。

具体的には…

  • スマホを大手キャリアから格安SIMに変更
  • NHK の解約
  • いらない保険を解約
  • 自動車保険を対面型からネット型の会社に変更

このようなことをしました。

また1000万達成後の話になりますが、ネット代コミのアパートに引越をして今ではネット代もタダになっています。

これ全部を実行すると万単位のお金を節約することができました!

下の記事で詳しく書いています。

固定費見直しで月2万円削減できた!見直しリスト公開します。

予算を立てる

貯金1000万

家計管理の予算

このように月始めに予算を考えて、その金額の中で生活しています。

予算内でやりくりする習慣がつけば、「気づいたら大赤字!」なんて事態は避けられます。

仮に赤字になったとしても、翌月で調整して帳尻を合わすことができます。

家計簿をつけるのも予算も立てるのも、つまるところお金の流れをコントロールすることです。

計画を立てて計画どおり貯金することがとても重要です。

先取り貯金をする

貯金1000万

生活費やおこづかいの残りをぜんぶ貯金すると決めても十中八九ムリです。(←体験談)

貯金する金額をあらかじめ決めておいて、給料が振り込まれたらすぐに貯金しました。

他人への支払いよりも自分への支払い(貯金)が最優先です。

金利が高い銀行で定期預金

貯金1000万円

以前はネット銀行のボーナスキャンペーンで金利1%がありました。

当時は「しょっぱいな…」なんて思っていたけれど、今となっては夢の数字ですね。

まとまったお金が入ってくるたびに定期預金をしていました。

今の金利はご存知のとおり雀の涙なのでこのテクは使えません…すみません。

しいてあげるなら、楽天銀行や住信SBIネット銀行を各証券会社と連携させて使うことで少し金利がアップするので、定期預金をしたいのであれば証券会社と銀行を合わせて使うことを考えてみてください。

1年間の貯金目標額を決める

貯金1000万

1年間に「これだけは絶対に貯める!!」って金額を決めました。

先取り貯金でも書いたように、目的もなく漠然と貯金をすることって難しいです。

「あといくら」がわからないと、「月末まであと10日もあるけれど、使いすぎたからセーブしよう」みたいに、やりくりができませんからね。

貯金目標額を決めることはぜひともやって欲しいですけれども、決めるときに注意して欲しいことが1つだけあります。

ムリのない金額設定をすることです。

実はこの金額設定をキツめにしたことで、わたしはお金を自由に使えないストレスに苦しむことになりました。

将来苦しみたくないから貯金しているのに、今苦しんでどうするの??って話ですよね。

金額は決めるけれど、ゆるーい目標でOKです。

度な貯金は自分で自分のクビを締めることになります。

ですから、やり過ぎにはくれぐれも注意してくださいね!

急な出費対策

貯金1000万

冠婚葬祭や家電の故障など、急にお金が必要になることがたびたびあります。

予測できる出費を書き出してザックリとした金額を出して、備えておくようにしました。

これで予定外の出費があっても、予定どおりの貯金ができるようになりました。

こちらも詳しいやり方を別記事に書いているので参考になさってください。

家計管理に予備費を取り入れて、急な出費と使いすぎ対策をする。

楽天カードに支払いを集約する

貯金1000万

公共料金の支払いはできる限り楽天カードにして、街でのお買い物もなるべく楽天カードで払うようにしました。

ネット通販はもちろん楽天市場です。

お買い物マラソンなど、ポイントの倍率がアップするときを狙って買い物をするのはあたり前ですよね!?

そうして稼いだポイントは、多い年で70,000円分にもなりました。

その他に、楽天銀行、楽天証券、楽天モバイルなど、できる限り楽天のサービスを使うようにすれば、効率よくポイントを貯めることができますよ(^_^)

楽天カードはポイントがザクザク貯まるのでオススメです。

家電などの買い替えサイクルの把握

貯金1000万

家電・保険・税金・交通用具などの大きな金額のモノやサービスを書き出し耐用年数や金額も出して、1ヶ月あたりにならした額を毎月つみたてるようにしました。

予備費管理

このような表を作って管理しています。(表の単位は万円です。)

貯金とは別につみたてすることで貯金に手をつけずにすむようになりました。

1年、5年、10年といった長いスパンでの家計管理も、頭の片隅に置いておくといいですよ。

家計管理の仕組みづくり

貯金1000万

  • 予算を立てる
  • 家計簿をつける
  • 先取り貯金
  • 急な出費対策
  • 長期の家計管理

以上をルーティン化することで絶対に貯金できる仕組みを整えました。

仕組みができると、あとは毎月(あるいは毎年)流れにまかせて貯金するだけなので、苦労することなく貯金できるようになりました。

この本は最近読んだばかりなのですが、驚くほどわたしの家計管理のやり方と同じでだったので紹介させてください。

会計のプロである著者がその知識を使って家計管理のやり方を教えてくれる本です。

それに加えて考え方も教えてくれるので、マインドから変わることができます。

プロのやり方とわたしのやり方が近かったのが嬉しかったし、なんだか太鼓判を押してもらった気持ちになったので、ちょこっと紹介させていただきました<(_ _)>

貯金1000万円は薄給でも到達可能

貯金1000万

貯金のコツまとめ

  1. 家計簿をつける
  2. 支出を見直してムダを削る
  3. 予算を立てる
  4. 先取り貯金をする
  5. 金利が高い銀行で定期預金
  6. 1年間の貯金目標額を決める
  7. 急な出費対策
  8. 楽天カードに支払いを集約する
  9. 家電などの買い替えサイクルの把握
  10. 家計管理の仕組みづくり

以上の10コの工夫で1000万円貯めることができました。

わたしは新卒のころの手取給料が約13万円と低かったのですけれども、実家暮らしが長かったこともあり、多く貯金することができました。

「そりゃ実家ぐらしなら余裕でしょ」と思われるかもしれませんが、それも作戦のうちですよ。

  • 利用できるものはうまく利用しましょう。
  • いらないものはバッサリと切り捨てましょう。
  • 他人の目を気にせず自分軸で生きましょう。

この辺を意識して行動すれば貯まる人になれます!

むしろ小手先のテクニックよりも、上のマインドを頭に入れて欲しいです。

見栄を張ってブランド品を買い漁ったりしていたら貯金なんてできません。

他人の目を気にしても、あなたの人生が良くなるわけじゃありません。

自分の幸せを考えられるのは自分だけではありませんか?

ことお金に関しては、世間の目や常識にとらわれないことが、幸せになる第一歩だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
  「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です