2019年度の資産運用実績│2019年4月~2020年3月

運用記録2019

2020年3月末の資産運用の結果を公開します。

結論から先に言うと2019年3月末と比べて25万円のマイナスでした。

100万円以上積み立てしたのにマイナスですからね。株価暴落のすさまじさよ。

投資をはじめてずっと右肩上がりだったので、こんなこともあるんだなぁと、いい経験になりました(涙)

本題に入る前に資産運用の方針に触れておきます。

▼早く本題へ行きたい方はこちらからどうぞ▼

ちなみに、わたしの投資スタイルはインデックス型投資信託をドルコスト平均法で購入する方法です。

資産配分の目標
  • 国内株式:20%
  • 外国株式:40%
  • 債券:40%

去年までは株式と債券の比率は50:50で、内外株式の比率も50:50を目標としていました。

ですが日本の将来性が暗いことと独身ゆえにリスクをとってもいいかと考えて、株式と債券の比率は60:40、内外株式の比率も20:40に改めました。

運用方針
  • 毎月とボーナス月に iDeCo と NISA を積み立てる。
  • 余剰資金があるときはスポット購入をする。
  • 年に1〜2度、資産配分を確認し、必要があればリバランスを行う。

毎月 iDeCo と NISA を積み立てて、ある程度の余剰資金が貯まったら国債を買っていくスタイルです。

これまではリバランスをしなくても±10%以内には収まっていたのでノータッチでした。

資産の確認は気が向いた時、だいたい3か月に1回くらいのペースでチェックしています。前置きは以上です。

他の人の懐事情って気になりますよね?

思い切ってリアルな資産状況を公開します!ぜひ楽しんでいってください。笑

2020年3月末の資産状況

2020年3月末の資産合計は1864万円でした。

年度で管理しているので2019年度の実績になります。

これまでの資産の推移をグラフにすると下のようなグラフになります。データが残っている2009年から順調に右肩上がりだったのにとうとうストップしてしまいました。2019年はお金の出入りの激しい年でした。

言わずもがな、新型コロナウイルスによる株価の暴落。

個人的なイベントでは、有田・波佐見陶器市の旅行、猫を飼い始めたこと、車購入の3つが大きな支出でした。収入としては保険解約がありました。

不運にも大きな出費と暴落が重なったのでマイナスなのはしょうがないかなと。逆に25万円で済んで良かったと思うことにします…。

2020年3月末のアセットアロケーション

前書きで書いた、国内株式20%、外国株式40%、債券40%の割合から大きく崩れています。これは配分を変えたことと株価暴落が原因です。

暴落前までは国内と海外の株式が25%ずつでしたが10%くらい減っちゃってます…。

コロナ騒動に区切りが見えて株価が落ち着いてきたらリバランスするつもりです。

2020年3月末のポートフォリオ

リスク資産のみのポートフォリオです。

アセットアロケーションの章でお伝えしたとおり、債券が多くて外国株式が少ないのでリバランスするつもりです。

具体的には国内債券200万円を売却して、セゾンを買い増ししようかなぁと考えています。

積み立て中の商品
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド:171万円
保有中の商品
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:204万円
  • ニッセイ日経225インデックスファンド:130万円
  • eMAXIS TOPIX インデックス:111万円
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス:30万円
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX):30万円

2020年3月末の資産運用まとめ

  • 資産合計は1864万円
  • 昨年の実績からマイナス25万円
  • 資産配分が崩れているのでリバランスをする

まとめるとこのようになります。

一時は2000万円にタッチしたんですよ。それがあれよあれよという間に1864万円ですからね…。暴落ってこういうことか!と実感できました。

とはいえ悲観はしてないんですよ。

だって長期積み立て中で現金化するのは早くて20年後ですから。10年後には株価が回復しているだろうって信じてます。

10年後に笑顔でいられるように今はコツコツ積み上げるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です