2020年度の資産運用実績│2020年4月~2021年3月

運用記録2020

こんにちは。つくしです。

今回は、一年に一度の総決算、2021年3月末の資産運用の結果を公開します。

2020年は本格的に個別株投資を始めました。

2019年までにも投資自体はしておりましたが、リスクが一番高い金融商品が日本や先進国のパッシブファンドで資産全体の1/2に満たない金額でした。

それでも資産はゆるやかに増えていましたが貯金に毛が生えた程度の伸びでしたね。

2020年春から夏にかけて投資信託のポジションを見直し、秋からは米国個別株を持つようになりました。

一気にリスクを引き上げた結果どうなったのか。

どうぞ、お楽しみください(^^)

本題に入る前に軽く資産運用の方針に触れておきます。

目標にしている資産配分
  • 外国株式:100%
  • 投資信託と個別株の比率:50:50

生活防衛資金(200万円)を除く資産を、外国株の投資信託と個別株に上記の比率で保有することを目指して運用しています。

外国株と書きましたが今買っているのはほぼ米国株です。

運用方針
  • 毎月とボーナス月に iDeCo と NISA を積み立てる。
  • 余剰資金があるときはスポット購入をする。
  • 年に1〜2度、資産配分を確認し、必要があればリバランスを行う。

毎月 iDeCo と NISA を積み立てて、ある程度の余剰資金が貯まったら、投資信託 or 個別株を買っていくスタイルです。

スポット購入は資産配分を見て少ない資産を買い足していくので、暴落や暴騰がなければスポット購入だけでリバランスできています。

ランキング投票へのご協力をお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

2020年度(2021年3月末)の資産状況

では、ドキドキの結果発表です。

2021年3月末の総資産額:25,415,130 円

前年比:+6,774,695 円(+36.34%)

なんと677万円も増えました!

これはもう快挙です。

下のグラフをご覧ください。

資産推移2020

大きく伸びたのがおわかりいただけると思います。

2019年の締日が新型コロナの下落と重なったので落差がことさら大きくなっていますが、仮に新型コロナの下落がなかったとしても2020年の伸びは大きいです。

新型コロナ前の金額は2千万円程度でしたから、そこを起点にしても500万円は増えています。

いやぁ、嬉しいですね!

リスクを取って良かったです。

2020年度(2021年3月末)のアセットアロケーション

資産運用aa2103

2019年度とはガラリと変わりました。

まず日本への投資はやめました。

理由は、去年の運用記録にも書いているとおり、日本の未来に明るさが見いだせないからです。

運用記録20192019年度の資産運用実績│2019年4月~2020年3月

人口減少、高齢化、GAFAのような企業が日本にはないこと、などなど。

そして海外への投資も米国中心にシフトしました。

2019年までは分散を大事にしていたので米国だけではなく先進国に投資していましたが、米国に投資すること≒全世界へ投資することと気づいてからは、ほぼ米国にしか投資していません。

米国一本の方がわかりやすく管理しやすいというのが理由です。

唯一買っている先進国分散の投資信託はこれまでの積み立てを継続しているためです。

2020年度(2021年3月末)のポートフォリオ

資産運用pf2103

まえがきにも書きましたが、生活防衛資金(200万円)を除くポートフォリオはグラフのとおりです。

ピンク色が投資信託で薄紫色の方が個別株になります。

だいたい目標にしている資産配分をキープできていますね。

いつも個別株ばかりを取り上げて青ざめたり興奮したりしていますが、資産の半分の中での話なので全体への影響は思ったよりも少ないんですよね。年度末の下げはそれに救われました。

積み立て中の投資信託
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500): 6,019,806 円
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド: 2,805,294 円
保有中の投資信託&個別株
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド: 2,322,031 円
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス: 507,737 円
  • テスラ: 3,521,652 円
  • ゼネラルエレクトリック: 2,947,546 円
  • アップル: 2,125,779 円
  • ペイパル: 1,310,549 円
  • アルファベット: 683,323 円
  • サンパワー: 349,273 円
  • シースリーエーアイ:139,820 円

2020年度(2021年3月末)の資産運用を振り返って

というわけで、2020年は大勝利でした!

労働収入を差し引いても年収以上の金額を得ることができました。

ただひたすら貯金だけしていたら逆立ちしてもこれだけのお金を得ることはできなかったでしょう。

資産運用すること、投資をすることの大切さが、数字になって現れました。

まだ投資を始めてない若い方は、今すぐ投資の勉強から始めてください。時間をかければかけるだけ成功する確率も上がります。

失った時間は取り戻せないので、本当に今すぐに行動してほしいです。

今のちょっとの行動が人生を変えるかもしれません。

わたしは人生を変えるべく動いています。

投資を始めたからこそセミリタイアという生き方を知って、目指すようになりましたからね。

経済的自由を達成するために、2021年も全力で資産運用をがんばります!

最後までご覧いただきありがとうございました。

2 COMMENTS

といち

素晴らしい結果でしたね!
地道な積み重ねで、投資耐久力とは、こういうことをいうのだなと思いました。

今は、日本は有力な投資先の候補になっていますが、確かに、今後は、機関投資家が他の国々に目を向ける可能性はありそうですね。

私も、少しずつアセットアロケーションを変化させていきます!

返信する
つくし

ありがとうございます。
めちゃくちゃ嬉しいです(*^^*)

投資や貯蓄の事を明け透けにするのは匿名とはいえ勇気がいりましたが、考えるキッカケになったのなら公開して良かったです。
といちさんに最適なアセットアロケーションが見つかる事をお祈りしております。

返信する

つくし へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です