つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

銀行口座はいくつ持つ?お金が貯まる仕組み作りにおすすめは3つ

使ってない銀行口座はありませんか?

もしあるのでしたらもったいないです。有効活用しませんか?

この記事では、銀行口座を3つ使ったお金が貯まる仕組みの作り方について解説します。

仕組みを作ることで貯金の取り崩しが防げます。なかなか思った通りに貯金ができないなら必見です。

家計管理もやりやすくなるので、家計管理のやり方に悩んでいる方にもおすすめですよ。

3つの口座を持つ理由

銀行口座は、日々の生活に使うためと、貯金に利用していますよね。

だから、『貯める』と『使う』の2つの口座があればわかりやすいのですが、もう一つ、貯金を崩さないために『備える』ための口座があると、スムーズに貯金しやすくなります

  1. 使う:生活費口座
  2. 貯める:貯金口座
  3. 備える:予備費口座

目的ごとに口座を用意しておくと、家計簿を細かくチェックしなくても残高確認するだけで「あといくら」がわかります。

たとえば、下記のように活用できます。

  • 生活費口座の残高が少なくなってきたら節約モードに切り替える。
  • 貯金口座の残高が増えたらモチベーションが上がる。
  • 予備費口座の残高が予定よりも増えたらワンランク上のものを買う。

数字が増えてくると貯金が楽しくなるんですよね。もっと増やすために無駄を削減しようと、試行錯誤するようになります。こうなったらしめたもの。結果、いいループに突入するんです。

そのために、残高がパッとわかる仕組みにしておくのが大切です。

お金が貯まる仕組みの作り方

では、具体的な活用方法について説明します。

1.口座を3つ用意する。

  1. 使う:生活費口座
  2. 貯める:貯金口座
  3. 備える:予備費口座

この3つの口座を用意しましょう。

生活費口座

給料の振り込み口座兼日々の生活に必要なお金を置いておく口座です。メインの口座になります。

貯金口座

貯金や生活防衛資金を置いておく口座です。

生活防衛資金とは

生活費の支出に備えて、投資に回さずに預金などに置いておくお金のこと。

予備費口座

冠婚葬祭などの急な出費と、すぐには使わないけれど数年以内に使うお金の積み立て用の口座です。カードの支払いを兼用してもOKです。

予備費については下の記事で詳しく説明しています。予備費って何?って思ったら、まずは下の記事を読んでくださいね。

家計管理に予備費を取り入れて、急な出費と使いすぎ対策をする。

2.給料が振り込まれたらすぐに貯金口座に振り込む。

貯金する金額を『すぐに』振り込むのがポイントです。

生活費の残ったお金を貯金に回すようにするとギリギリまで使ってしまってほとんど貯金ができません。

貯金を最優先することを心掛けてくださいね。

つくし

3.同時に予備費口座に予備費の積立額も振り込む。

こちらも『すぐに』振り込みましょう。

後回しにすると面倒になってしまうし忘れてしまうこともあるので即行動が大事です。

つくし

4.カード支払額が確定したら予備費口座(カード支払い口座)に請求額を振り込む。

カード払いの引き落としは予備費口座を利用するようにしていますが生活費口座でもかまいません。

ただカード払いの金額って、勝手に引き落とされるから確認しないままになりがちなんですよね。

ただでさえお金を使った実感に乏しいクレジットカードなのに金額の確認さえしなかったら、知らぬ間に払われていた、なんてことになりかねません。

私の実体験でうろ覚えで恐縮なのですが、確か保険料の支払いで毎月引き落としにしていた金額がいつの間にか値上がりしていたことがありました。

こういうことがあったので私は確認の意味も兼ねて振り込むようにしています。きちんと管理できるのであれば生活費口座からそのまま引き落とししてもらっても大丈夫です。

給料の支給日やカードの引き落とし日によって順番は前後するかもしれませんが、給料が振り込まれたらすぐに貯金と予備費を各口座に移し、カード払いの金額が確定したらすぐに予備費口座に振り込めば OK です

2~4を毎月繰り返していけば計画通りに貯金できます。

突発的な出費は予備費口座から出せば貯金口座は振り込むだけで全く手を付けなくてすみますよ。

お金が貯まる仕組みを作ったあとはホッタラカシでOK

最後に復習です。

  1. 使う:生活費口座
  2. 貯める:貯金口座
  3. 備える:予備費口座

上記3つの口座を用意しましょう。

  1. 給料が振り込まれたらすぐに貯金と予備費を各口座に移す
  2. カード支払い額が確定したらすぐに予備費口座に振り込む

これをルーティン化できたら自然とお金が貯まるようになるはずです。

予備費口座を用意することで予定外の出費で貯金を取り崩すことがなくなって計画通りに貯金できるようになります。予備費口座は計画通りに貯金して行くための要です。

生活費と貯金の2つの口座を使い分けてできている人は多いと思います。もう一歩進んで3つの口座を使い分けるようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です