がん保険の必要性はどこまで治療するかと貯金で決まります。

  • 日本人の2人に1人はがんにかかると言うけれど、がん保険は必要?
  • がんになったらいくらお金が必要?
  • どんな治療?最近よく聞く先進医療って?
  • 入院や通院の費用は?
  • 休職中のお金はどうしよう…
  • わからないことだらけ!とにかくがん保険について教えて!!

このような悩みを解決する記事を書きました。

この記事を読めば、がん治療の大まかな内容と金額が分かり、がん保険の要否が判断できるようになります。

病気になる前でないと保険に加入できませんから元気なうちにシッカリ考えておきたいですし、万が一の時にはお金の心配よりも治療に専念したいですよね。

大事な自分の体のことですから今のうちに知識をつけておきましょう!

がん保険の要否はどこまで治療するかにかかる

がん保険が必要か不要かは、公的な保険や制度外の治療をどこまでするのか決めなければ判断できません。

公的な医療保険や高額療養費制度を使えば、自己負担は月額8万円強で済みます。

【公的医療保険】

医療機関を受診した際に窓口で支払う医療費の負担額を軽くしてくれます。年齢によって負担額が異なります。

【高額療養費制度】

1か月の支払額が一定の限度額を超えた場合に超過分の医療費をほぼタダにしてくれる制度です。

さらに、食事代や差額ベッド代、交通費、生活費が上乗せされますが、これだけの費用でしたら貯金から払えない金額ではありません。

問題は公的保険や制度外の治療を選択した時の費用です。どういう治療があるのかは後述しますが、全額自己負担のため莫大なお金が必要になる場合があります。

もし、あなたががんになってしまったらどこまでの治療を望みますか?

がん保険の要否はこの判断が鍵になります。

がんの診療方法は3つある

がんの診療は大きく分けて3つあります。

  • 標準治療
  • 先進医療
  • 自由診療

標準治療|科学的な根拠に基づいた最良の治療

科学的な根拠に基づいて現在利用できる最良の治療であることが証明されている治療です。

  • 手術治療
  • 放射線治療
  • 化学(薬物)療法

治療方法は上記の3つで「三大治療」と言われています。

先進医療|安全性や効果が確認されたら健康保険の適用が検討される高度な医療技術

厚生労働省が定める高度な医療技術で、安全性や効果が確認されると、健康保険の適用が検討される治療法です。

自由診療|国内未認証の治療法

厚生労働省が承認していない薬や治療法を用いた診療です。

治療にかかる費用は保険適用範囲外の費用が鍵

公的医療保険と高額療養費制度を使えば月額8万円強の支払いですみます。

ですが残念なことに、がん治療にかかる全ての支払いに適用できるわけではありません。

ではいったい、どこからが適用の範囲外なのでしょうか。

範囲外の治療は先進医療と自由診療

公的医療保険と高額療養費制度が適用できないのは先進医療と自由診療です。

標準治療のみ適用になり、自己負担3割で8万円強以上の支払いは申請後還付されます。

先進医療

がんの先進医療といえば放射線の粒子線治療です。治療費はおよそ300万円になります。

保険適用になる放射線治療との違いは放射線の種類です。詳しくは下記参照。

参考 がん治療最前線!「知っておきたい先進医療~陽子線・重粒子線治療法って?~」アフラック

粒子線治療は20年以上の歴史がありますが、今だ公的医療保険適用外の意味を考えると、個人的には自費で受ける価値があるものなのか疑問です。

その辺の価値観は人それぞれなので、300万円払って治療したいけれど負担が重いから保険に入るのはアリだと思います。その際には先進医療特約(約100円)をつけるのをお忘れなく。

自由診療

医学的根拠が薄く料金は医者の言い値、真っ当な治療が少ないのが現状だそうです。

患者としては藁をもすがる気持ちでしょうが、本当に受診する価値があるのか見極めなければなりません。

範囲外の入院通院費用

公的医療保険と高額療養費制度が適用できないのは、入院の時の食事代と差額ベッド代、通院の時の交通費です。

食事代

1食の食事代は下記の通りです。

  • 一般:460円
  • 低所得者の90日目までの入院:210円
  • 低所得者の91日目以降の入院:160円
  • 低獲得者世帯の高齢受給者:100円

差額ベッド代

4人までの部屋を希望する場合は差額ベッド代が必要になります。病院側が治療のために部屋を指定した場合は必要ありません。

差額ベッド代は病院や広さによりまちまちですが平均は下記の通りです。

  • 1人部屋:7837円
  • 2人部屋:3119円
  • 3人部屋:2798円
  • 4人部屋:2440円

引用元:入院にかかる費用「差額ベッド代」って何ですか?|役立つデータ公開中!|住友生命保険

がんの入院日数は長くて20日程度で内視鏡手術だと日帰りか2〜3日の入院です。

通院時の交通費

交通費は自己負担です。

近年は入院日数が短くなり通院での治療が多くなっています。入院せずに治療が終わることさえあるくらいです。

実績のある病院で治療を望む場合など、遠方の病院に通院することも考えられます。近くに病院があっても負担になる可能性があると頭の片隅に置いておくべきでしょう。

休職期間中の収入元をどうするか

がんにかかって会社に行けなくなった時の対応は次の通りです。

  1. 有給休暇
  2. 傷病手当金

まずは有給を取得して有給がなくなったら傷病手当金で対応することになると思います。

傷病手当金については後ほど詳しく説明しますが、傷病手当金の金額は月給の2/3で期間は1年6ヶ月です。

かなり手厚い保障ですから無収入で困窮するような事態になることは考えにくいです。

困窮はしないけれど、傷病手当金の不足分と手当支給期間後の生活費は貯金から補わなくてはなりません。したがって貯金が少なくて心もとない場合は保険に加入してもいいと思います。

傷病手当金とは

公的医療保険の被保険者が疾病または負傷により業務に就くことが出来ない場合に、療養中の生活保障として保険者から行われる給付です。

傷病手当金の金額

傷病手当金は次の式で求められます。

(過去12ヶ月の標準報酬月額の平均)÷ 30日 × 2/3 = 傷病手当金の支給日額

ざっくりと給料の2/3と覚えておきましょう。

給料を月21万円もらっている人だったら14万円支給されます

闘病中は日常生活以上の支出が考えられますが14万もらえたら普通に生活できますよね。

傷病手当金が支給される期間

支給開始した日から最長1年6かヶ月です。

1年6ヶ月のうちに復職した期間がある場合は、復職した期間の手当は支給されませんが、1年6ヶ月の支給期間にはカウントされます。

1年6ヶ月を超えた分は無収入でも支給されません。

具体的に考える事が重要です

まとめると下記の通りです。

  • がん治療は、標準治療、先進医療、自由診療の3種類があり、先進医療と自由診療は自費
  • 食事代、差額ベッド代、交通費は自費
  • 傷病手当金は月給の2/3支給され期間は1年6ヶ月

公的医療保険、高額療養費制度、傷病手当金を使えば、かなりの出費をカバーできます。

あなたの貯金と治療にかかる費用を比較して足りないと感じるのであれば保険に加入したらいいです。

どういう治療をして、いくらくらい必要になるかを、できるだけ具体的に考えてみましょう。不安だからとりあえずがん保険に入っておこうと安易に考えるのが一番ダメです。

余談ですが、私自身のがん保険の必要性について深掘りして考えた結果「不要」という答えが出ました。

保険と制度の範囲内で治療して不足は貯金から補うと決めたので不安や迷いはなくなりました。万が一の時もこの考えに沿って行動します。

貯金に関してはすぐに動かせるお金300万円を地元の金融機関の普通預金に置いています。これがすごく心の安定に繋がってます。もともと生活防衛資金として備えていたものですが、この考え方は投資をしない人にもおすすめできます。

あなたもこれを機にがん保険と貯金について深く考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です