体に良い食べ物の罠

体に良い食べ物の罠

こんにちは。つくしです。

新型コロナが流行し始めてから、めっきり外出が減りました。

自ずと家にいる時間が増えてダラダラしてしまう。

You Tube を見ながら何かを口に運ぶのがダラダラのお決まりのパターンです。

しょうがないよ。

だって外に出れないんだもの。

十分我慢しているのだから、これくらい許して。

それにホラ、ちゃんと栄養のことを考えて食べてるから立派なもんでしょ?

なーんて言い訳して食べ続けてもうすぐ1年になります。

…ハイ、当たり前だけど太りました。

意を決して体重計に乗ったら5キロも太ってました…

衝撃的な数字にダラダラ食いをやめる決心がつきましたよ。

体に良いからどんどん食べればいい…わけない

いくら体に良いものでも限度があります。

例えばナッツ。

栄養価が高く食物繊維も豊富で良質な油も摂れる。

積極的に摂りたい食材の筆頭です。

だからと言って考えなしにバクバク食べていたら悲惨なことになります。

いや、なりました(T_T)

ナッツに含まれる油は体に良いけれど、油なんです。

カロリーが高いわけですよ。

栄養豊富なことばかりにフォーカスしてカロリーを無視していたらわたしのようになりますよ…

くれぐれもご注意下さいませ。

どんなものでも適量にとどめておきましょうね。

ナッツの他に、アボカド、ヨーグルト、フルーツあたりも要注意です。

ムダなものを食べない方向にマインドセットする

栄養価が高い食品を積極的に食べる。

この考え方で失敗したので、『ムダなものを食べない』という意識に切り換えることにしました。

  • 栄養価が低くカロリーばかりのムダな食品を食べない
  • 栄養価が高い食品だからといって必要以上に食べない

この2つの『食べない』を意識すれば適量食べることにつながると思います。

以前の『栄養価が高い食品を積極的に食べる』っていうのは足し算する考え方だけど、今度の『ムダなものを食べない』のは引き算の考え方です。

痩せたいので足すのではなく引くようにしていきたいです。

娯楽と食事を切り離す

わたしは食べることが大好きなので、栄養を度外視して純粋に味が好きだから食べるものももちろんあります。

それがコロナ以前のようにたまの外食の時とか回数が少ないなら良いけれど、家でのダラダラ食いでやってしまったら止め時が見つからなくてダメだなぁと、深く深く反省しました。

食事は栄養摂取が目的で娯楽じゃない。

食事は食事。

娯楽は娯楽。

きちんと線引きして娯楽のダラダラ食いを止めようと思います。

いや、『思います』じゃなくて『止めます』。

…これで少しは体重が戻るかな?

戻るといいのですが…

ブログランキング参加中
最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です