安易な転職をしないほうがいい理由【その転職、逃げではありませんか?】

転職しない

こんにちは。つくしです。

今回は転職について書きます。

なぜとつぜん転職の話をしようと思ったかと言うと、後輩が辞めることになり、同僚と転職について話す機会があったからです。

「また、安い給料から再スタート」

「アレじゃあどこ行ってもダメだ」

とまぁ、ネガティブな意見ばかり。

転職してうまくいく人もいるけれど、現状維持かマイナスからのスタートの人も多いです。

よっぽど計画的に行動しないと成功しないにも関わらず、簡単に転職するよなぁ…と

なので転職する前にちょっと考えて欲しいと思うことを書きました。

井戸端会議の延長なので、暇つぶし程度に、気楽に読み流してくださいませ。

安易な転職をしないほうがいい理由

「職場がイヤだから」といった後ろ向きな理由で安易に転職をしないほうがいいと思います。

それまでその職場で積み上げてきたもの=評価がムダになるからです。

例としてわたしの給料の話をさせていただくと、中小企業の一般職で年平均4,300円手取給料がアップしています。

入社3年で転職するとしたら、4,300円×12ヶ月×3年=154,800円。

3年分154,800円の賃金アップと評価の積み上げがパーになってしまうのです…。

昇給がない、残業代がつかない、休みがない、あるいはヤバい人がいて精神がもたないなどの重大な理由がない限り、安易にこれまでの積み上げを放棄するべきではないです。

だって積み上げた時間は取り戻せませんからね。

それに、イヤなことから逃げたいだけで転職する人は、結局どこへ行っても逃げて転職し続けることになります。

イヤなことがない職場なんてありませんよ。

それで幸せになれるのか、よくよく考えてみてください。

逃げで転職するよりも今の職場にとどまって評価を積み上げつつ環境を改善していくほうがラクだと思うのですがいかがでしょうか。

転職をせずとも環境を良くする方法はないのか

現状がつらくて転職したい。その理由を深く考えてみましたか?

アイツがイヤだ、会社が悪い。そこで思考停止していませんか?

こんな人は、もうちょっと深く考えることで環境を変えるキッカケがつかめるかもしれません。

職場が不満な理由って、

  • 人間関係
  • 低い給料
  • 職場環境の劣悪さ
  • 通勤時間の長さ

このあたりですよね。

わたしは場合はこんなふうに考えました。

  • 人間関係:自己愛が強い人がイヤなので適度な距離をとる。利他的な人と仲良くする。気を配る。
  • 低い給料:よそに行くほうが低くなる。評価を上げることを考える。
  • 職場環境の劣悪さ:壊れているものの修理、欲しいものなど、設備の不備は意見を言う。意見が通らなくても納得できたらいい。
  • 通勤時間の長さ:勉強やブログを書く時間に充てる。

特に、人間関係や給料を良くするためにはどういう行動をすれば良いのか?をつきつめて考えてみてください。

良い行動をする→人間関係が良くなる→評価される→給料に反映される

このループに入ればイヤなことって少なくなると思うんです。

具体的にどんな行動かと言うと、「ありがとう」と言ってもらえるような些細なことですかね。

「え?そんなことでいいの?」

と思われるかもしれませんが、現実なんてそんなものです。

不満があるから転職って考えは、イヤな問題を丸投げして逃げることに等しいです。

イヤなことってどんな職場でも多かれ少なかれあるでしょうから、ずっと逃げ(転職し)続けることになってしまうかもしれません。

まえがきで書いた後輩もウチの会社が2社目でそんな雰囲気なんですよね…。

考え方ひとつで見える景色がかわってきます。

まずは深く考えてみる、今の環境でできることをやってみると幸せになれるかもしれません。

どうせ転職するなら前向きな転職を

この記事のまとめ

  • 逃げるだけの安易な転職は、それまでの評価がムダになるのでやめたほうがいいです。
  • 転職を考える前に、今の環境を良くすることを考えて行動してみましょう。
  • 考え方ひとつで見える景色がかわってきます。

どうせ転職するなら後ろ向きな理由で逃げるように転職するのではなく、給料が上がるようにスキルを積んでからの転職がいいですよね。

今の自分を受け入れて、足りないところを補ったり、良いところは更に伸ばしたり。

転職するにしろしないにしろ、いついかなるときも前向きに考えて善処していきたいものです。

逆に言うとそれができない限り、よい職場には巡り会えないのではないかなぁと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
  「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です