投資信託を選ぶときの手順【大失敗しない手堅い選び方】

投資信託の選び方

こんにちは。つくしです。

今回は、投資信託の選び方の記事です。

この記事でわかること

  • 投資信託を選ぶときに確認する箇所
  • 安全な投資信託の選び方

投資信託を選ぶとき、証券会社の人気ランキングで上位の商品を選べば大きな失敗はしないんじゃないかと思います。

けれど投資は自己責任ですし、納得してから買いたいですよね。

「ちゃんと自分で選ぼう!」と思って証券会社で詳細ページを開いてみると

投資信託の詳細画面

引用:SBI証券

こんな画面が出てきますが、正直「???」ですよね。

「なにを見ればいいの!?」という心の声が聞こえてきます。

そこで今回は「最低限ココを押さえておけば大丈夫!」ってポイントをお伝えします。

投資信託を選ぶときの参考になれば嬉しいです(^^)

投資信託を選ぶときの手順

まずは何に投資するかを決めて銘柄を選びます。

手順は次のとおり。

  1. 投資対象を決める
  2. アクティブorパッシブを決める
  3. 信託報酬をチェックする
  4. 純資産額をチェックする
  5. 資金流入をチェックする

順に説明します。

1.投資対象を決める

まず、何に投資するのか考えてみてください。

日本、アメリカ、先進国、新興国、全世界、債券、不動産、金など。

これらをバランスよく組みあわせた商品もありますね。

  • 何に投資したいのか?
  • 今後何が伸びると思うのか?

を考えてみてください。

2.アクティブorパッシブを決める

アクティブファンドとは
市場平均を上回る運用成果を目指す投資信託
パッシブファンドとは
市場平均に連動する運用成果を目指す投資信託

この説明だけ見ると、市場平均を上回る成果を目指すアクティブファンドの方がいいように見えますが、パッシブファンドの方が信託報酬(※後述します)が安いです。

市場平均を上回る成果を出すアクティブファンドが少ないこともあり、信託報酬が安いパッシブファンドを好む人は多いです。

しかし、少ないながらも良い成果を出しているアクティブファンドはあるので、あなたの目的に合ったほうを選んでください。

3.信託報酬をチェックする

ここから商品を比較していきます。

一番にチェックしたいのが信託報酬です。

なぜ何よりも信託報酬に注目するのかというと、投資し続けている限りずっと払い続けなけなくてはいけない費用だから、できるだけ低いものを選びたいです。

価格競争のおかげか、以前に比べてだいぶ低くなりました。

2020年の今だと、

  • パッシブファンド:0.5%以下
  • アクティブファンド:1%以下

をおおよその目安にしてください。

4.純資産額をチェックする

純資産額が低すぎると充分な分散投資ができてない可能性があります。

何よりも、投信そのものがなくなってしまう(繰上償還といいます)恐れがあるので、純資産額が低いものは避けましょう。

純資産額別にみる繰上償還比率

出典:モーニングスター

このグラフは純資産額別に繰上償還した比率をあらわしたものです。

最低でも30億円以上、安全に選ぶのなら100億円以上を目安にしたほうが良さそうですね。

5.資金流入をチェックする

純資産額にも書いたとおり、お金が集まらないと繰上償還される恐れがあります。

純資産額のグラフ

引用:SBI証券

このように純資産額が右肩上がりのグラフで、絶えず資金流入がある投信を選びたいです。

つみたてNISAのラインナップの中から選ぶ

つみたてNISAのラインナップは言わば選ばれた戦士、良い投資信託がズラリと並んでいます。

なので投資対象とアクティブorパッシブを決めたら、つみたてNISAのラインナップの中から選ぶといいです。

選び方は先に書いた手順を参考にしてください。

それでも迷いがある時にはランキングを参考にしてください。

やはり人気になるには理由があるはずですから、勉強を兼ねて人気の理由を探ってみるのも面白いかもしれませんね。

つみたてNISAは年40万まで非課税になるオトクな制度です。

これを使わない手はありません。

つみたてNISAの中から選定し、運用金額が年40万を上回るときにその他の投資信託を検討してみてください。

失敗しない運用を心がけましょう

投資信託を選ぶ手順

  1. 投資対象を決める
  2. アクティブorパッシブを決める
  3. 信託報酬をチェックする
  4. 純資産額をチェックする
  5. 資金流入をチェックする
  6. つみたてNISAの中から選ぶ

この手順で選定すると大失敗はしないと思います。

投資において、失敗しない=資金を減らさないことは最重要です!

手堅く、着実に、資産を増やして行きましょう(^^)/

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
  「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です