【フルタイム独身】時短料理のアイデア4つ

【フルタイム独身】時短料理のアイデア4つ

こんにちは。つくしです。

フルタイムの仕事だと料理が面倒ですよね。

「今日は帰って料理するぞー!」

と思って家を出ても、帰宅する頃には精根尽き果てていて、

「お惣菜でも買って帰るか…」

と、なりがちです。

特に一人暮らしだと、ジャンクフードやお菓子とか、とても食事とは言えないモノを買ってしまうことがありませんか?

いけないとわかっていても、仕事で疲れ果てた上に空腹であれば、ついうっかり手が出てしまいます。(何度も経験済)

それもこれも料理が面倒だから。

面倒でなかったら、たとえばインスタントラーメンの手軽さで食事にありつけるのならば、料理しようって気になりませんか?

仕事は段取りでほぼ決まりますが、料理も段取りがとっても大事です。

13年も自炊を続けていれば学ぶこともありました。

そこで今回は、時短料理のアイデアを共有したいと思います。

ちょっとでも料理の時短に貢献できたら嬉しいです。

ランキング投票へのご協力をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

食材を買って帰ったら片付けつつ下ごしらえする

きのこ

買い物して帰ったら所定の位置に食材を片付けますが、使いやすいように下ごしらえしつつ片付けをします。

ミニトマトは開封して水洗いをしたものをタッパーに入れて冷蔵庫へ。

きのこは石づきを取って、適当な大きさにカットしたものを袋に入れて冷凍庫へ。

青菜も水洗い後、適当にカットして冷凍庫へ。

なるべくパッケージを開封して使いやすい形にして片付けていきます。

すぐに食べれるものを準備しておく

ミニトマト

nor

お腹ペコペコで「今すぐ何か食べたい!」って時のために、すぐに食べれるものを数品用意しておくといいです。

とは言っても作り置き料理なんてしなくも大丈夫です。

トマトやキュウリ、豆腐や納豆は、調味料があればすぐに食べれますよね。

ちょっと時間がかかってもいいのなら、レンチンでゆで卵や焼き芋もオススメです。

夏ならトウモロコシも良いですね。

料理しなくても美味しく食べれるものって思いのほかたくさんあります。

そういうのを知っておくのも大事です。

すぐに使える肉と魚を準備しておく

鶏胸肉ポリ袋調理

すぐに使える形で肉や魚を冷凍しておくと時短になります。

肉だったらサラダチキンが何にでも使えて便利です。

サラダチキンの作り方は下記の記事をご覧ください。

【ポリ袋調理】簡単・安い・うまい。鶏胸肉の調理方法 【ポリ袋調理】簡単・安い・うまい。鶏胸肉の調理方法

わたしはこのレシピでサラダチキンを作って冷蔵or冷凍で常備しています。

冷凍の場合は一口大にカット(手で裂いてもOK)したものを。

冷蔵の場合は1食(約50g)にカットしたものを常備しておくとパッと使えます。

魚は白身魚(鮭)が使いやすいです。

茹でるか焼くかして火を通したものを1食(一切れ)ずつラップして冷凍しておけば、解凍して味付けするだけで食べれるし、スープやサラダの材料としても使えます。

肉と魚を解凍すればすぐに食べれる状態で常備しておくと材料に困りません。

野菜ミックスを作って冷凍しておく

野菜ミックス

野菜スープ用の野菜ミックスを作って冷凍しておけば、ミールキットのように手軽に調理できます。

適当な野菜(見切り品や旬の野菜がおすすめ)を買ってきて、大きさを揃えてカットして保存袋に入れるだけです。

野菜は何でもいいけれど、根菜、緑黄色野菜、きのこ類、薬味系、シャキシャキしたもの、ホクホクしたもの、甘みがあるもの、苦味があるものなど、食感や味、見た目のバランスを考えて買うといいです。

根菜の袋、きのこの袋、みたいに、種類ごとに分けて冷凍するのもいいですね。

そうすることで料理のときに「今日はきのこスープにしよう」といった感じで、柔軟に対応できます。

あとは調理と盛り付けするだけ

盛り付け

これだけ下ごしらえしておけば、煮るだけ、和えるだけで食事にありつけます。

スープを作るのに煮込む時間がかかるとしても、30分くらいで完成するんじゃないでしょうか。

一手間30分以内で完成なら、帰宅して料理しようかなって気になりませんか?

それに毎日毎日調理しなくても、スープやサラダを数日分まとめて作っておけば、平日する料理の回数は週に1,2回ですみます。

どうでしょう?

グッとハードルが下がった気がしませんか?

できそうな事を一つだけでも、生活取り入れてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です