【ポリ袋調理】簡単・安い・うまい。鶏胸肉の調理方法

【ポリ袋調理】簡単・安い・うまい。鶏胸肉の調理方法

こんにちは。つくしです。

高タンパク低脂質で安い神食材、鶏胸肉をどうやって食べていますか?

わたしは今回紹介する方法以前は、鍋にネギ生姜塩を入れて低温で茹でていました。

その茹で汁でスープを作り、肉は具材として使用したりサラダチキンとして食べたりしていました。

鶏の出汁が出たスープはコンソメいらずだし、茹でただけの鶏でも下味がついているから美味しいし、みんなが言うパサパサ感も気になりませんでした。

この調理方法に満足してました。

でもある時スープをあまり飲まなくなって茹で汁が余ったことがありました。

捨てるのはもったいないからその時は冷凍したけれど、茹でる以外のサラダチキンの作り方ってないかな?って思ったことがきっかけで別の調理方法を探しました。

それで今回紹介するポリ袋を使ったサラダチキンのレシピに出会ったんですけれど、これがまた別物か!?っていうくらい美味しいのです。

簡単なので是非多くの人に作っていただきたく思い、シェアすることにしました。

ランキング投票へのご協力をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 サラダチキンのレシピ

耐熱のポリ袋に鶏むね肉と塩麹を入れて、1分加熱→1時間放置するだけです。

調理道具・材料

  • 湯煎調理ができるポリ袋
  • 厚手の鍋
  • 鶏胸肉
  • 塩麹

作り方

  1. 鍋にお湯を沸かす
  2. 鶏胸肉の皮を剥いで脂肪を取り湯煎調理ができるポリ袋に鶏胸肉を入れる
  3. 袋に塩麹を入れて鶏胸肉全体に行き渡るように揉み、しばらく時間を置いて馴染ませる(この時点で冷凍可)
  4. お湯が沸いたら鶏胸肉を入れて蓋をし1分加熱、火を止めて1時間放置する
  5. 1時間後にお湯から引き上げて粗熱が取れたら袋から取り出してカットする

しっとり柔らかな塩味のサラダチキンです。

このまま味付けしなくても充分美味しいです。

サラダチキンの食べ方

このサラダチキンの食べ方でおすすめなのは、まるかじりです(笑)

や、冗談じゃないですよ?

わたしはこれを目分量で100gにカットしてラップに包んで持って出かけてます。

おにぎりと同じように食べれるのが最高です。

それこそ、おにぎりとセットで持って出かければタンパク質と炭水化物はバッチリです。

あとは脂質が入ったサラダかスープ(野菜)を用意すればバランスのとれた1食の完成です。

塩味だけの癖がない肉なので何にでも合います。

最高です(2度目)

ポリ袋は専用のものを使用する

一つ注意していただきたいのが、湯煎調理対応のポリ袋を使うこと。

普通の袋は使えません。

ジップロックもダメです。

アイラップ食品用ポリ袋を使ってくださいね。

そんなに高価なものではないですし、料理の幅も広がるので、一袋買っておくと重宝します。

うちの近所だとドラッグストアに置いてありました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です