つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

一律給付10万円の幸せになる使い方

新型コロナウイルス対策で10万円の一律給付が決まりました。

このお金の使い方に世間は揺れています。そしてあなた自身もどうするか考えていることでしょう。

寄付をする、生活費にする、自由に使う、いざという時に備える。正解はありません。

大事なのは、まずは受け取ること。そしてお金の意味を考えて行動することではないでしょうか。

この記事では、私が考えた給付金の使い方とその理由、給付金の目的について書いています。

これをきっかけに、あなたなりの使い方をじっくりと考えてくれたら嬉しいです。

一律給付10万円の幸せになる使い方

あなたがお住まいの地域で買い物をすることが、幸せになる使い方ではないでしょうか。

給付金を使ってモノやサービスを受け取るあなたと、あなたが使うことによってお金を得ることができるお店。両方に利益がありますよね。

ここで私が考えた給付金の使い方をお話しさせてください。

私はコーヒーが好きでコーヒー豆が欠かせません。コーヒー豆は鮮度が命ですから近くの個人商店で生の豆を買ってその場で焙煎してもらっています。

新型コロナウイルス対策で電話注文がメインになり受け取りはお店の外になりました。コーヒーは生活必需品ではなく嗜好品ですからお客さんが減っていてもおかしくないでしょう。

いつも笑顔で迎えてくださり美味しい豆を提供してくれるこのお店を、買い物を通じて応援したいです。

いつもより高い豆を買うことで、私は美味しいコーヒーが堪能できるし、お店側は売り上げが増えることになります。両方が得をする良い使い方だと思いませんか?

たくさん買ってコーヒー好きの人にプレゼントするのも良いですね。贈る相手、お店、私。三者が幸せになれます。

いつもお世話になっているお店でいつもより多くお金を使うことが、自分と自分のまわりの人が幸せになる給付金の使い方ではないでしょうか。

給付金の2つの目的

給付金には次の2つの意味合いがあります。

  • 経済的に困ってる人を助けるため
  • 経済を回すため

経済的に困ってる人を助けるため

仕事がなくなって今日明日の生活に困っている人、学校休校などの影響でいつもより出費が増えている家庭。

ライフスタイルが変わってたちまちお金に困っている人を助けるのが1番の目的です。

経済を回すため

外出できない、レジャーにお金を使う気になれない、将来への不安。理由はさまざまでしょうが、お金を使う機会が減っていませんか?

私たちがお金を使わないと次のような負のループになってしまいます。

売り上げが減る → 給料が減る → 買い物が減る

みんながもっと買い物をして負のループを断ち切るのが第2の目的です。

あなたは経済的に困ってなくても、周囲の人、いつも行くお店の人は困っているかもしれません。買い物をして応援しましょう!

つくし

給付金を使うことは貢献活動

他者のためにお金を使う方法は寄付だけではありません。普通の買い物だって立派な貢献活動です。

相手が喜ぶ顔を見ることができるのは嬉しいし、自分自身も欲しかったモノを入手できます。お金を使う側と受け取る側、双方が幸せになれるのです。

だから受け取ることや使うことに後ろめたさを感じる必要はありません。

喜んでもらうんだ!という意識を持って、堂々と使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です