つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

凡人がFIRE(早期退職)できるのか?凡人代表のわたしが試算してみた!

凡人のFIRE

こんにちは。つくしです。

いつからか、よく目にするようになった FIRE の文字。

経済的に独立して早期退職しようという考え方。

いいですよね、それができたら。

しかし凡人には縁のない話…

だってフツーに生活していたら老後資金2000万円が不足すると言いますし。

定年まで勤め上げても経済的独立は難しい世の中なのに、早期退職なんて夢のまた夢。それができるのは選ばれたひと握りの人間だけ。

………

なーんて、考えていた時期がわたしにもありました。

しかしここで思考停止せず、煎じ詰めて「自分もできないか?」考えてみたんです。

すると FIRE に至るまでの具体的な道筋が見えてきました。

そんなわけで今回は、『凡人(わたし)が FIRE できるのか?』をテーマに、考えたことをお伝えします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

凡人が FIRE する条件

先に書いた『FIRE に至るまでの具体的な道筋』は次のとおりです。

  1. お金の流れを把握する
  2. 支出を低く抑える
  3. 生活費(1年分)の25倍のお金を貯める

掘り下げて行きますね。

お金の流れを把握する

収支がわからないと話にならないので真っ先にやらなくちゃいけないことですね。

  • 毎月の収入はいくら?
  • 同じく毎月の支出は?
  • 冠婚葬祭、家電などの耐久消費財、予定外の出費は年平均どれくらい?
  • 更新料、車検、車の買い替えなど、数年に一度出費は?

上記のようなお金の流れは、家計簿をつけるだけで簡単にわかります。

わたしはスプレッドシートを使って適当な表を作って管理しています。

家計簿なんて面倒!って人はマネーアプリを使ってみてください。

参考 マネーフォワード ME | スマホで簡単 家計簿アプリマネーフォワード ME

一度登録したら自動で集計してくれるのでめちゃくちゃ便利ですよ。

支出を低く抑える

支出が少なければ少ないほど、FIRE 達成のハードルも低くなります。

お金の流れがわかったら、切れるところはザクザク切って行きましょう!

私的に効果絶大だったのが生命保険の解約です。

仮に病気で大金が必要になったとしても、自分の懐が痛むのはごくわずか。

日本には高額療養費制度がありますから。

高額療養費制度とは

1か月の支払額が一定の限度額を超えた場合に超過分の医療費が後から払い戻される制度

当座の支払いに耐えれるだけの現金さえあれば大丈夫と思って生命保険は解約しました。

保険よりも貯蓄独身女性のわたしが医療保険に入るよりも貯蓄を選んだ理由

生活費(1年分)の25倍のお金を貯める

これが FIRE の肝となる部分ですね!

25倍貯めて資産運用をしつつ4%ずつ切り崩していけば元本は減らない。

したがって労働をしなくてもいい。

経済的独立の達成です!

全米やS&P500に連動するファンドのリターンは平均7%、最近は10%以上ですから、税金を考慮しても元本が減らないどころか増えていきますね。

日本がデフレなのも考慮すると『生活費の25倍』という数字は、石橋を叩いた安全な数字のように思えます。

まとめ

  1. お金の流れを把握する
  2. 支出を低く抑える
  3. 生活費(1年分)の25倍のお金を貯める

支出を抑えて生活費を低くし、生活費の25倍のお金を貯めて4%ずつ崩していく。

これが凡人(わたし)が FIRE する道です。

4%ずつ貯蓄を取り崩していく方法など、FIREについての知識はこの本から学びました。興味がある方はぜひコチラの本を手にとって見てください。

生活費の25倍はいくらなのか

生活費の金額って十人十色ですが、わたしの場合はザックリ月15万円くらいです。

1年間で180万円。

180万円の25倍は4500万円ですね。

年100万円貯金できれば資産運用しなくても45年で達成できます。

年100万円を7%で運用すると23年です。

10%だと20年。

貯金だけで目標達成する場合の、半分の時間で到達できます。

年100万円以上入金できれば更なる時短もできるはず。

人生は有限で、時間は何よりも貴重です。

FIRE を目指すなら資産運用して効率よくたどり着きたいですね。

現実的なのはサイド FIRE

サイド FIRE とは完全に働くのを辞めるのではなく、ある程度の収入を得ながら生活しましょうという考え方。

これのいいところは FIRE までの時間がグッと短くなること。

例えば半分働いて半分運用益で生活するなら、FIRE に必要な金額も半分で済みますよね。

それよりも何よりもいいなと思ったのは、完全無職じゃなくなること。

ほら、やっぱり世間の目って気になるじゃないですか。

両親に「投資の運用益で生活しているの!」なんて堂々と言えない(笑)

なので、ゆるーく働きつつ運用益で暮らすのが現実的かなぁと。

世間との繋がりも保てるし、生活にハリも出るし、心身のバランスが取りやすい生き方だと思います。

ロードマップが描けたら行動

というわけで4500万円貯まるまで粛々と積み立てます。

20年なんて我慢するつもりは毛頭ありません。

入金力高めて節約に励み、資産拡大に死力を尽くします!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です