3000万円で FIRE できる?できるのはこんな人!

fire5

こんにちは。節約投資家のつくしです。

このごろ仕事が苦痛で早くリタイアすることばかり考えています。

独身のアーリーリタイア独身のアーリーリタイアに必要な金額はいくら?

以前こんな記事を書きました。

この記事に書いたとおり、生活費15万だと5000万円が必要って考えは今も変わっていません。

なのであと2000万円ほど貯めなくちゃいけなくて、先はまだまだ遠いなぁ…って、ため息をついています。

ところが最近、「3000万円でリタイアします/しました!」という人を複数見かけました。

一人ならともかく、何人も3000万円でリタイアできると言うのであれば、FIRE 目指す民としては検証しなくてはなりません。

というわけで今回は、3000万円で FIRE できる?をテーマにお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

3000万円で FIRE できる?

結論から言うと「できます!

ぶっちゃけ金額が問題ではないんですよね。

3000万だろうが5000万だろうが1億だろうが、できる人にはできるしできない人にはできない。

例えばわたし(独身・賃貸暮らし・車持ち)の今の生活費は月13~15万ですけれど、実家に戻るだけで5~7万円くらい浮かすことができます。

家賃(6万)はまるまるいらなくなるし、水道光熱費や食費も一部負担になるから安くなるし、車を手放せば月1万円くらい節約できる。

その分いくらか家に入れることになるだろうけれど、きっと今よりも節約できるでしょう。

そうすると1ヶ月の生活費は多くて10万円くらいで、何もなければ8万円くらいに落ち着くんじゃないかと思います。

3000万円を5%で運用して税金を差し引いた金額が120万円。

ちょうど1ヶ月10万円になりますね。

生活を変えなければならないけれど、やりようによっては3000万円で FIRE できます。

金額よりも収入>支出にすることが重要

投資の運用益が生活費を上回った時点で FIRE できるんです。

だから3000万円だろうが2000万円だろうが『収入>支出』になれば、それがゴールです。

ただ月10万円で生活できるって一握りの人だけですよね。

都会で暮らしている限り無理でしょうし、田舎でも家賃がよっぽど安くなければ無理っぽい。

できたとしても爪に火を灯すような生活を覚悟しなければならない。

中にはそんな生活を楽しめる人もいるだろうけれど、まあ、普通は嫌ですよねw

だからわたしは自分にとって心地良いギリギリのラインである5000万円を目指します。

逆にわたしがギリギリセーフだと思っている5000万円=月15万円生活が無理って人も大勢いるでしょう。

「5000万あれば仕事を辞めても OK なのね!?」って金額を鵜呑みにせずに、まずは自分が毎月いくら使っているのかを出して、1年あたりの生活費を計算してみてください。

その1年間の生活費の25倍が、あなたが FIRE できる金額です。

お金の扱い方の勉強は必須

金額については上記の計算でおわかりいただけたと思います。

FIRE はこの金額を運用して経済的自由を手に入れる方法なので、運用についても学ばなくてはいけません。

そもそも投資は怖いから無理とか、定期預金に入れっぱなしとか、投資先を間違えて5%のリターンが見込めないところにお金を突っ込んだりしていたら、FIRE なんてできっこないです。

FIRE を目指す時点で投資に対してアレルギーはないと思いますが、たびたび見かけるのが投資先を間違っている人。

日経225とか、日本のインデックスファンドに全額突っ込むのはやめておいたほうがいいです。

近年こそ10%以上のリターンが出ていますが、未だにバブル期の最高値を更新できてませんからね。

  •  5%以上のリターンが期待できる
  •  チャートが右肩上がり
  • 全米、先進国、全世界など、分散が効いている

投資先にはこんなところを選ばなくてはなりません。

日本に投資したいのであれば分散の一環で資産の一部だけを。

個別株とかリスクがありすぎる投資先もやめておいたほうが無難です。

悪い材料が出て株価が半値になることだって、そのまま戻らないことだって、充分にありえることです。

このような感覚とか知識ってやっぱり一朝一夕では身につかないので、目標金額を目指す過程で少額から投資を始めていって、FIRE を達成する頃にはお金の扱い方をマスターできていればバッチリだと思います。

お金を貯めることとお金の扱い方を学ぶこと。

この2つが FIRE するための必須条件ですね。

わたしはこの本で FIRE について学びました。

ノウハウがぎゅっと詰まった良書でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です