つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

日本で FIRE ムーブメントが起こるのは必然だったのかもしれない

FIREムーブメント

こんにちは。節約投資家つくしです。

最近 FIRE の文字をよく目にするようになりました。

なんと wikipedia に『FIREムーブメント』のページが! もう大流行と言ってもいいでしょう。

なぜ今、こんなに FIRE が流行っているのか。FIRE を目指す人が増えたのか。

わたしはこの FIRE ムーブメントは起こるべくして起こったと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

FIRE ムーブメントが起こる土壌があった

海外の事情はよくわからないんで一旦置いておきますが、日本においては FIRE ムーブメントが起こる環境が整っていたと思うんです。

サラリーマンの大変さ

みんな当たり前のようにサラリーマンとして働いているけれど、サラリーマンを続けるだけで大変です。

夜明け前に起床して慌ただしく家を出て、ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って会社へ。

会社には気の合わない上司や同僚がいてそれだけで憂鬱になり、一方、仕事は忙しすぎたり暇すぎたりで、夕方には心身ともに消耗しきってヘトヘトに。

それでも仕事を片付けるために残業して、やっとのことで帰宅しても、くつろぐ時間なんてない。

平日は家と会社の往復で終わり、休日は疲れをとるために、ほとんどを寝て過ごす。

全部が全部、当てはまるわけじゃあないでしょうけれど、いくつかは当てはまるんじゃないでしょうか。

こんな生活を当たり前のこととして受け入れて、何十年も継続するのだからサラリーマンは凄いです。脱落しても仕方ない過酷な環境であり、レールから外れたとして『ダメ』のレッテルを貼られる方が心外です。

サラリーマンから早く脱したいと望むのは、ごく普通の心理です。

 ミニマリストブーム

できるだけ少ない持ち物で生活する、ミニマリストがブームになりました。

実践してみると、案外困らないし、お金もかからない。むしろ快適でさえある。

それで気づいたと思うんです。生活するだけなら、さほどお金はかからないってことに。

この程度の生活費ならば、サラリーマンでなくても生きていける。アルバイトやネット起業でなんとかなるかも?と、今の労働環境から抜け出せる道が、ちょっとだけ見えた人も多いのではないでしょうか。

FIRE ムーブメントの起爆剤は金余り

コロナ禍による金融緩和で、投資をする人が増えました。

投資をきっかけに資産運用を学び、あるいは偶然、資産の運用方法が目に留まり、『投資の運用益で生活をする』知恵を手に入れます。

そうしたらもう、投資の運用益で生活をすることしか考えられなくなりますよね。だって一度財を築いてしまえば、アルバイトさえしなくていいのですから。

過酷な労働環境と、コストを抑えた暮らしに、資産運用という燃料がくべられて、一大ムーブメントとなって燃え上がったのが今の FIRE ムーブメントだと思います。

FIRE ムーブメントに乗ってアーリーリタイアを目指す

流行には疎いわたしですが、この FIRE ムーブメントには乗っかって、早期退職を目指します。

石橋を叩いて渡る性格ですが、伊達に勘定ばかりしてませんからねw それなりに、やりきる自信があります。

早くて3年。順当に行って5年くらいかな。

必ず到達してみせます。

そして FIRE を目指す同志の方。

ゴールに向かって共に頑張りましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です