賃貸住宅の火災保険は必要?節約方法を教えます。

  • 火災保険って入らないといけないの?
  • 相場はいくらくらいなんだろう?
  • もっと節約できないかなぁ。

このような疑問を解決する記事を書きました。

この記事読めば、火災保険を見直して節約する方法がわかります。

私が今加入している火災保険から他社の火災保険に変更した例でシミュレーションしてみました。結果、約3000円節約できそうです!

今加入している保険の金額が大きければ大きいほど見直す価値がありますよ。

もしかしたら仲介業者に必要以上のマージンを支払っているのかもしれません。

この記事を読んで、ぜひ、火災保険の見直しに挑戦してみてくださいね!

賃貸住宅の火災保険の加入は必須

法律で義務付けられているわけではありませんが加入は必須です。

ほとんどの場合の賃貸契約に、加入するよう定められています。

なぜかというと、ぼや程度の火災でも被害が甚大だからです。修理には大金が必要になります。そりゃ部屋を貸す側としては、もしもに備えるために保険に加入しておいて欲しいですよね。

どれくらいのお金が必要なのか、一例をお見せします。

以下セゾン自動車火災保険からの引用です。

タバコの火の不始末でぼやが発生し消火した場合の被害

被害額:¥1,987,504

家財の損害 : ¥1,505,000

パソコン、プリンター、DVDレコーダー、ステレオセット、スーツ、コート、シャツ、メガネ、布団、カーテンなど

建物の損害 : ¥482,504

クロス工事(張替え工事)、床工事(張替え工事)、サッシ工事、その他雑工事、ハウスクリーニングなど

これだけの金額を支払えますか?

建物の一部が燃えただけでこの金額です。全焼となると私のような一般事務員には逆立ちしても無理です!

火災保険が必須な理由が理解できたと思います。

火災保険の相場と節約方法

火災保険の相場は2年で2万円前後です。

安いところだと1万円~あります。

あまりにも安いと保障が不充分かもしれないので確認してくださいね。

火災保険も自動車保険と同じように補償内容で金額が変わってきます。

支払い時の金額を調整し、他の保険と重複している補償や自分に不要な補償を外すことで保険料を安くすることができます。

具体的には次の箇所を変更してみてください。

  • 免責金額(自己負担額)の金額を高くする
  • 支払限度額を安くする
  • 他の保険と重複している補償をなくす

重複している可能性のある保障は下記のとおりです。

  • 個人賠償責任補償特約
  • 類焼損害補償特約
  • 借家人賠償責任•修理費用補償特約

この辺りを見直してみてください。

火災保険を変更するときの注意点

契約内容を見直したら次は保険会社に連絡ですが、ちょっと待ってください。

その前に賃貸住宅の契約書に下記のことが書かれてないか確認してください。

  • 指定外の火災保険への変更不可の記載
  • 火災保険を変更する場合の指示

私の契約書の例ですと、火災保険に入ることと、指定外の保険に入る時は保険証と領収書の写しを提出するように書かれています。

何も書かれてなかったら、念のために管理会社に尋ねましょう。

保険加入は義務だから入るけど、どこの会社のどの保険に加入するかは自由だろう。事後報告で充分じゃ?

という意見があるかもしれません。

ですが部屋を借りている立場ですし、良好な関係を保つために相手の意向を汲むのも大事です。変更する前に確認しましょう。

まとめ

  • 賃貸住宅の火災保険の加入は義務づけられているわけではないが、賠償額が高額になる場合が多いので加入は必須。
  • 保険料の相場は2年で2万円前後、安いところだと1万円~。免責金額や特約を見直すことで安くできる。
  • 指定の保険から他社に移る場合は、契約書を見るか管理会社に連絡をして、変更をしてもいいか確認をとる。

賃貸契約をした時に言われるがまま火災保険に加入してホッタラカシにしている人がほとんどかと思いますが、他の保険と同じように変更ができるので、節約に励んでいるならチェックしてみてください。

あと余談になりますが、私の加入している火災保険の変更をシミュレーションした結果、少しばかり節約できそうだと判明したので、次回更新のタイミングで他社に移ろうと思います。2年で数千円ですけれど、チリも積もれば…ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です