つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

固定費見直しで月2万円削減できた!見直しリスト公開します。

  • 固定費を見直したいけどどこから手をつけていいかわからない
  • 固定費見直しでいくらぐらい節約できるの?
  • 何を削減するのが効果的?

これらの悩みを解決する記事を書きました。

私はこの記事で紹介する固定費の見直しを実践して、一か月あたり約2万円節約できました。

5年前と現在の固定費は下記のとおりです。

※自動車保険(1年払い)とNHK(2か月払い)は月額にしています。

家賃だけは増えてますけれど、他は限りなくゼロにできました。スマホ代はポイント払いにしているので実質ゼロ円です!

この記事では私が固定費を見直して節約した方法をお伝えします。

最後まで読んで実践すると家計の無駄をなくすことができますよ。

もう無駄使いはやめて幸せになれることにお金を使いましょう!

支出を把握するために記録をとりましょう

まずは一か月でいいので出て行ったお金を記録してください。

見直しをするためには元になるデータが必要です。データのとり方は何でもいいです。家計簿アプリ、表計算ソフト、手書き、お好きなやり方で。

ただし、レシートは必ずもらうようにしてください。

すぐに入力(記入)するつもりでも邪魔が入ったりすることもありますし。人間、すぐに忘れてしまいますから。

一か月の記録が用意できたら、さっそく固定費の見直しをしていきましょう!

ここを削れば OK!固定費見直しリスト

見直して欲しい費目は下記の通りです。

  1. 生命保険
  2. 自動車保険
  3. スマホ
  4. ネット
  5. NHK
  6. 居住費

優先度が高い順に並べています。

削減しても生活に影響が出ない、削減効果が大きい順です。ですから1から順に見ていってくださいね。

では順番に見ていきましょう。

1.生命保険

生命保険は小さなお子様が居るなど、一部の人以外は基本的に不要です。貯蓄性の保険もです。

もしもの時に保険がないと不安かもしれません。ですが病気になった時に払う医療費はさほど高額ではありません。あなたは保険貧乏になっていませんか?

生命保険のことをもっと詳しく知りたいようでしたら下記の記事で解説してますのでご覧ください。

保険よりも貯蓄独身女性のわたしが医療保険に入るよりも貯蓄を選んだ理由非公開: 独身は死亡保険よりも貯蓄が必要な理由

2.自動車保険

車を買った時の契約そのまま更新してませんか?ちょっと大変ですが契約内容を一つずつ見直せば数万円安くなる可能性もありますよ。

一度見直したら次の更新までホッタラカシでいいので削減効果は大きいです。

下記の記事では自動車保険の見直すべき項目を具体的に示しているので参考にして下さい。

自動車保険を安くするポイントはこの3つ!

3.スマホ

大手キャリアから格安SIMにすればグッと安くなります。

スマホを格安 SIM に変えるだけで 4,000 円節約できます

ポイント払いで実質無料にする方法もありますよ。

楽天モバイルの感想 | ポイント利用で実質無料になりました

4.ネット

スマホや電気・ガスなどとセット契約すると安くなります。

賃貸住宅でしたらネット代無料の部屋もあるので転居の際には検討してみてください。

ネットがタダ!インターネット無料の賃貸アパート

5.NHK

テレビを見ないのなら然るべき対策をして解約しましょう。

受信料の契約をしないでいい人の条件|解約のやり方と訪問員対策

6.居住費

賃貸住宅でしたら住み替えることで安くできます。

居住を変えるのは難しいです。ですが万単位のお金が節約できるのは大きいです。月1万円違ったら年間12万円ですからね。居住費が高いのなら検討してみてください。

見直しをして有意義なことにお金を使いましょう

最後に復習です。

  • 固定費を見直すためには現状を把握しなければなりません。
  • 支出を一か月記録しましょう。
  • 記録が用意できたら以下の固定費を見直してください。
  1. 生命保険
  2. 自動車保険
  3. スマホ
  4. ネット
  5. NHK
  6. 居住費

これらを全て見直すと2~3万円は削減できます。私の場合は約2万円でした。

家賃が5年前よりも増えてますが増えた代わりに快適な住環境を手に入れることができたので、いいお金の使い方ができているのでは?と満足しています。

あなたも固定費を見直して、有意義なお金の使い方をしませんか?

一度見直しすれば節約効果は長持ちするのでやりがいがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です