一人暮らしの食費はいくらが妥当?節約し過ぎが良くない理由

節約と聞いて真っ先に思い浮かぶのが食費ですよね。

実際に私も食費の節約からはじめました。チラシをチェックしてスーパーをハシゴして数十円~数百円を削っていましたね…。

今考えると、すごくコスパが悪いことをしていました。

今は食費は節約せず、むしろ平均よりもお金をかけているんじゃないかと思います。

なぜそのように心境が変わったのか?そして食費を削り過ぎることの害とは?

今回は体験談を交えつつ、食費についてお届けします。

一人暮らしの食費はいくらが理想?

一人暮らしの食費の目安は1か月3万円や手取りの15%という数字をよく見かけます。

個人のブログなどを見ていると、頑張っている人で17000円くらい、多くの人が25000円くらいという印象です。

学生か社会人か、男性か女性か、外食派か自炊派かで金額にばらつきがあるようです。

私の食費

私は社会人の女性で自炊派ですが、一人暮らしを始めた20代半ばの食費は、18000円から2万円くらいでした。2万円以内に収めると決めていました。

この時はチラシをチェックして底値を拾いに行くような買い物をしていましたね。

収入が増えて家計に少しゆとりが出てきた30代前半の食費は、19000円から22000円くらいでした。2万円前後を目安に、高くても25000円以内に収めるようにしていました。

増えた分を何に使っていたかと言うと主にパンです。一個200〜300円するようなパンを毎週買っていました。

つくし

ハード系のずっしりとしたパンを、スライスして、焼いて、バターをつけて食べるのが最高なんです♡
近くのパン屋さんはほとんど制覇したよね。

わらび

そんな状態だったので、当然、体重が増えました。

それでダイエットすることにしたんですが、同時に食の勉強にも取り組みました。この勉強で食に対する意識がガラリと変わったんです。

食材を厳選して買うようになって、食費は28000円から3万円くらいに跳ね上がりました

今では3万円も危ういので3万円以内に収めるように努力しています。

食に対する意識

ここで少し考えて欲しいことがあります。

なぜ食べるのかについてです。

もちろん、お腹がすくからですよね。お腹がすくということは体が欲していると言うことです。

体は何を欲しているのでしょうか?

体を維持するための栄養です

お菓子をお腹いっぱい食べても物足りないことがありますがそれは栄養が摂取できていないからです。体が足りない栄養を欲し続けているからです。

もう一つ知って欲しいことがあります。

ベーコン・ハム・ソーセージ、漬物、お惣菜などの加工品は、味や見た目を良くするため、保存を長くするため、コストを低くするために、体に悪いものを添加している場合があります

そしてこのような加工品に栄養価が高いものはほとんどありません。つまり買う理由がないのです。

買う理由がないって、手作りしてたら大変だから買ってくるんでしょ?

わらび

つくし

だから原材料を見て安心なものを買っているんだよ。

添加物が少なかったり昔ながらの製法で手間暇かけて作られたものは高いです。

試しにスーパーで梅干しを見てみてください。

安い梅干しの原材料はドン引きするほど色々書かれていますから。

高くて少量しか入っていない梅干しの原材料は、梅、紫蘇、塩の3つだけです。このような梅干しは、昔ながらの製法で作られた安心して口にできるものです。

梅干しに限らず後者のような食品を買うようになると、食費がかさむのがわかると思います。

でもここは削ってはいけないと割り切りました。

だって、体に悪いものを摂取し続けて健康を損なう方が結果的にお金がかかるでしょうし、何よりも病気や体調不良になって長い時間を過ごしたくありませんから。

食にお金をかけるようになって変わったこと

肌質

食事改善を始めて3か月くらいでしょうか。

朝、洗顔の時に顔に触れたら、いつもと手触りが違うんです。

水分を含んでもっちりしているんです!

それはもう、はっきりとわかるくらい劇的な変化だったのでビックリしました!!

その後、そこまで強烈な変化ではありませんが、3か月おきに肌が良い方向に変わっていきました

髪質

肌はガラリと変わったけれど、髪は変化なしだなーと思い続けて1年。

変化を実感する朝がやってきました!

手ぐしを通すとパサつき感が減って、表現が難しいですけれど、ホワっとしている感じ?とでも言いましょうか。表面を撫でるとツルツルした手触りになりました。

髪が伸びるのに時間がかかるから、肌よりもだいぶ遅れて変化を感じたのかなぁと思います。

イライラしにくくなった

ほんの気持ちですけど、沸点が高くなったような、イライラしにくくなったような気がします(笑)

これは食と関係があるのか定かではありませんが、周りの事が目について、気を配るようになりましたね。

肌や髪ほどはっきり実感できているわけではないですけれど、食事で性格が変わるという説もあるので食事の影響かなと考えてます。

料理が楽になった

調味料をいいものに変えたおかげでシンプルな調理でも美味しく仕上がるようになりました!

是非試してみて欲しいのが、1 cmの厚さに切ったジャガイモ(できたら男爵いも)を、熱した鉄のフライパンにオリーブオイルをひいて、両面こんがり焼いて、ちょっといい塩と粗挽き胡椒、バジルを振りかけて食べてみてください。ただ焼いただけなのにびっくりするほど美味しいんです!

このような簡単な、料理とも言えない料理が増えました。

レシピを見なくても作れますし、調味料をあれこれ買い揃えなくても良くなりました!

つくし

ドレッシングなんて買わなくても、塩とオリーブオイルとお酢だけで、充分美味しいですよ。

とまあ、これだけ良いことがありました。

昔の自分はいかに栄養が足りてなかったのか反省しました…。

いや、栄養だけじゃないですね。圧倒的に知識が不足していました。

 

まとめ

  • 体に悪いものが入っていない
  • 栄養価が高い
  • 栄養バランス

この3つを考えて食品を買うと、自炊中心で1か月3万円くらいが妥当な金額ではないでしょうか。

体もお金と同じ資本です

食費の節約に心血を注いでいるなら、ちょっと立ち止まって、食について考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です