つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

利息狙いの外貨預金をオススメしない3つの理由

銀行にお金を預けても利息はないも同然だから運用したいと思いませんか?

株は怖いからリスクが低い別のものを…と探していくと、私の場合、外貨預金が目に付きました。

外貨だけど預金だからリスクが低そうだし、日本とは比べ物にならないくらい利率が高いから、低リスクの運用に向いてそうに思えます。

ところが外貨預金って思いのほかリスクが高いんです。

預金とは言っても元本保証ではありませんし、為替リスクも当然あります。私のように単純に預金だからと考えていると痛い目にあうかもしれません。

この記事では外貨預金のリスクと、外貨預金の代わりになる金融商品を紹介します。

記事を最後まで読むと外貨預金のデメリットを知ることができます。ぜひ行動する前に読んでくださいね!

利息狙いの外貨預金をオススメしない理由

外貨預金はその名のとおり、外国のお金を銀行に預けることです。『預金』というから安全そうに思えますが実はそうではないんです。その理由は3つあります。

  1. 為替手数料が高い
  2. 為替変動リスクがある
  3. 元本保証ではない

為替手数料が高い

私達が持っているお金は日本円なので外貨で預金をするには両替が必要です。払い戻して使うときにも外貨から日本円に両替しなくてはなりません。

両替の時に手数料を取られます。この手数料が高いのです。

例えば米ドルだと1ドルにつき1円の手数料を取られることが多いのですが、1ドル100円の時に100ドルに両替すると、なんと手数料で1万円も払わなければなりません。

為替変動リスクがある

為替は常に価格が変動しているので安い時と高い時があります。

高い時に買って安い時に売ると損してしまう。当たり前の話ですね。

元本保証ではない

銀行が破綻したときに1,000万円とその利息は保護されます。ところが残念なことに外貨は対象外です。

外貨預金の金利は魅力的ですが、手数料の高さと為替変動リスクを考えると難易度が高いです。

つくし

外貨預金の代わりには投資信託がオススメ

じゃあ外貨預金の他にいいのはないの?って話ですが、投資信託をオススメします。

その理由は2つあります。

  • 種類が豊富なこと
  • 投資しやすい環境が整っていること

種類が豊富なこと

一口に投資信託といっても、株・債券・不動産・バランス型など、商品は星の数ほどあります。

リスクをとっていいから高いリターンを期待したいと言うのであれば株の投資信託を選べばいいですし、あまりリスクはとりたくないけど普通預金よりリターンが欲しいなら債券、分散投資したいならバランス型、というように、あなたの目的に合わせて選べるのが最大の魅力です!

投資しやすい環境が整っていること

通常だと利益の20%あまりを税金で持っていかれます。ところが NISA や iDeCo を使うと非課税になるので絶対にお得です!

また、業者間競争のおかげで手数料関係がとても安くなりました。販売手数料無料は当たり前、信託報酬(投資信託を持ち続けている間に払う手数料)も年々安くなっています。

はじめに挙げた外貨預金の3つのデメリットのうち、リスクと手数料については投資信託の方が有利だとわかっていただけたと思います。

元本保証は両方ともありません。元本保証を求めるのであれば素直に円預金か国債にしておくしかないです。

外貨預金とおなじくらいのリターンを望むなら投資信託をオススメします。

外貨預金は一般人向きではない

  • 外貨預金をオススメしない理由は、①為替手数料が高い、②為替変動リスクがある、③元本保証ではない、以上の3つ。
  • 外貨預金の代わりにオススメなのが投資信託。手数料は外貨預金より安く、商品が豊富なためリスクコントロールもしやすい。

まとめるとこのようになります。

FXを利用して手数料を安くする裏技?もあるそうですが、初心者や投資が趣味ではない普通の人向きのやり方ではないですね。そんなややこしいことをするよりも、投資信託を積み立てる方が楽でリターンも期待できます。

外貨預金をするのであれば投資ではなく海外旅行で使うなど実用だけを考えておく。

投資と実用は切り離して考える方がシンプルでわかりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です