発酵あんこを作ってみた【砂糖不使用なのに甘いカラダに優しいおやつ】

発酵あんこを作ってみた

こんにちは、つくしです。

最近甘いものに飢えてます。

ちょっと前までは砂糖断ちしてたんだけど、元々甘党なので甘いものが恋しくて…

徐々に食べるようになってしまいました。

これじゃいかんよなーと思っていたときに見つけたのが発酵あんこのレシピ。

なになに、砂糖不使用なのに甘い?

材料は麹とあずきだけ??

麹って使ったことがないからよくわからないけれど、砂糖不使用で甘いのなら罪悪感なく甘味が食べられる♫

めちゃくちゃ興味が湧いたので作ってみました!

簡単そうに見えて実は難しい発酵あんこ

これ、3度目の正直でやっと成功した発酵あんこの写真です。

作り方は非常に簡単なんだけど温度管理が難しく…

というのも麹菌って50〜60℃じゃないと仕事(発酵)せず、60℃以上になると死んでしまうそう。

1度目は60℃以上の高温になってしまい麹菌は全滅。

甘みが全然なくて、砂糖を入れていただきました(意味ない!)

2度目はそこそこ温度維持できたものの何度か60℃を超えてしまったときがあり、ほんのり甘いかな?って味。

3度目にしてやっと温度管理うまく行き、優しい甘さのあんこができました。

基本、炊飯器の保温モードでホッタラカシ、たまに混ぜる程度でいいみたいだけど、わが家には炊飯器がないので電気調理鍋で挑戦しました。

この鍋にも保温モードがあるけれど、温度を計ってみたら63℃くらいまで上がっていて。

キッチリ60℃で保温できるのなら何度も失敗することはなかっただろうに…

見た目は赤飯みたいだけど味はあんこです。

市販の缶詰のあんこよりも優しい味でとても美味しかったです(^^)

次回は倍量で作りたい。

発酵あんこのレシピ

簡単に作り方を書いておきます。

  1. あずきを茹でる
  2. あずきを60℃まで冷ましてから麹を入れて混ぜる
  3. 炊飯器で8〜10時間保温する

材料は以下↓

  • あずき:100g
  • 麹:100g

麹は乾燥でも生でもどちらでもいいみたいだけど生の方が甘くなるそうです。

わたしは乾燥麹で作りましたが、それでもかなり甘くなりましたよ(^^)

砂糖のような強い甘さではないので濃い味好きの方には物足りないかもしれません。

身体に良い甘味を求めている方は是非

あずきは豆だから栄養豊富ですし、麹は発酵食品だからこちらも栄養価が高いです。

オヤツにたっぷり栄養を摂れるのは嬉しいですね!

甘いものが食べたい欲求も満たしてくれるし、いいことづくめな甘味なので定番料理にしたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
  「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です