インデックス投資と高配当投資のどちらにするか迷ったときの判断方法

こんにちは。つくしです。

今回は、インデックス投資と高配当投資のどちらにするか迷ったときの決め方についてのお話です。

この記事でわかること

  • 迷ったときのシンプルな判断方法
  • インデックス投資がどんな投資方法なのか
  • 高配当投資がどんな投資方法なのか

インデックス投資と高配当投資。どちらがいいか悩んだりしませんか?

私はすでにインデックス投資をしていて、このままインデックス投資一本でつき進むつもりだったのですけれども、さいきん高配当投資というワードをよく目にするようになり、どんな投資方法か気になってきました。

「もしかしてインデックス投資よりも優れた投資方法なの!?」ってね。

それで高配当投資について調べて自分なりの結論がでたので、同じように高配当投資を気にしている人に、あるいは高配当投資をしていてインデックス投資を気にしている人に向けて、この記事を書くことにしました。

まだ投資を始める前で投資方法を学んでいる人の参考にもなると思います。

インデックス投資と高配当投資に迷ったときの判断方法

高配当投資

シンプルに「今の自分に配当金が必要かどうか?」を考えてみてください。

インデックス投資と高配当投資のいちばんの違いは、配当金のアリ/ナシです。

利子や年金のように、定期的にお金がほしいのなら高配当投資はピッタリです。

逆に配当金よりも貯蓄を増やしたいというのであれば、インデックス投資の方が向いています。

たとえばセミリタイアをした人が、高配当投資をして配当金で生活をしていたりします。

給料のかわりに配当金で生活しているんですね。

配当金で生活をするのだから元本はそのまま(株の上下で多少変動はするでしょう)。まさに不労所得で生活していてうらやましい限りです。

そこまでいかなくても、毎月の家賃の支払いにあてるとか、おこづかいにするとか、高配当投資をしている人はこんな感じで使ってます。

一方インデックス投資をしている人は、老後などの未来のために貯金の延長で投資している人が多いです。私もその一人です。

給料とは別の収入源があったほうがうれしいに決まってますが、それよりも将来のお金の不安を解消したい気持ちのほうが強くて未来に投資しています。

このように人によって向いている投資方法は違います。だからどちらが向いているか?は自分できめるしかありません。

そのためには、どんな投資方法か知らないといけませんよね。

次の章ではインデックス投資について、その次の章では高配当投資について、詳しく説明します。

インデックス投資について

高配当投資

まずはインデックス投資がどんな投資方法か説明します。

インデックス投資とは

インデックス投資とは
インデックス(日本のTOPIXやアメリカのS&P500などの株価指数)に連動する値動きを目指す投資方法

こちらのチャートをご覧ください。

出典:Yahoo!ファイナンス

これはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)という投資信託とS&P500という株価指数を比較したチャートです。ほとんど同じ動きをしていますよね。

このようにインデックスに連動する値動きを目指す投資信託をインデックスファンドと言い、インデックスファンドを買う投資方法をインデックス投資と言います。

インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリットを説明します。

配当金をうけとらないため効率よく資産を増やせる

配当金をうけとらず再投資するので、うけとるときにかかる税金分(20.315%)有利になります。

広く分散されているのでリスクが小さい

個別株を買った場合その会社が倒産したら株の価値はなくなりますが、複数の株の寄せ集めであるインデックスファンドの場合たとえ1社が倒産したとしても被害は小さいです。

少額からはじめられる

もともと複数の株の寄せ集めなので、個別株をたくさん買うよりも圧倒的に少ない金額で投資できます。

株価指数に連動しているから値動きがわかりやすい

テレビのニュースなどで値動きを把握できます。

以上、インデックス投資のメリットをまとめます。

  • 配当金をうけとらないため効率よく資産を増やせる
  • 広く分散されているのでリスクが小さい
  • 少額からはじめられる
  • 株価指数に連動しているから値動きがわかりやすい

インデックス投資のデメリット

インデックス投資のデメリットを説明します。

広く分散されているのでリターンが小さい

リスクが小さいということはリターンも小さいです。個別株なら2倍3倍それ以上に大化けする可能性もありますが、インデックス投資でそのようなことは起こりません。

信託報酬(運用・管理費用)がかかる

インデックスファンドを維持管理するのに必要な手数料がかかります。

以上、インデックス投資のデメリットをまとめます。

  • 広く分散されているのでリターンが小さい
  • 信託報酬(運用・管理費用)がかかる

高配当投資について

高配当投資

続いて高配当投資について説明します。

高配当投資とは

高配当投資とは
配当金が高い株や投資信託を保有して配当金を得ることを目的とした投資方法

高配当を得る手段は2つあります。ひとつは個別株、もうひとつは投資信託の保有です。

これら高配当の商品を持つことで、利子や年金のように定期的にお金を得ることができます。この定期的に得られるお金(配当金)を目的にして投資することを高配当投資といいます。

一口に高配当投資といっても投資対象が個別株か投資信託かで、メリット・デメリットもかわってきます。

高配当投資のメリット

高配当投資のメリットを詳しく説明します。

配当金が得られる

会社の利益の一部を株主に還元することを配当といいます。業績が悪ければない場合もあります。

個別株なら自分でほしい株を選べる

個別株で高配当投資をするときに自分で会社を選べます。投資信託は複数の会社の寄せ集めがパッケージになっている商品なので、細かく会社を選ぶことができません。

個別株なら株価の値上がり益も狙える

大ヒット商品を生み出すなどして株価が跳ね上がったときに売れば、大きな利益を得ることができます。

個別株なら信託報酬(運用・管理費用)がいらない

個別株に信託報酬はかかりません。

投資信託なら少額からはじめられる

インデックス投資と同じで、少ない金額で買うことができます。

投資信託なら始めから分散されているのでリスクが小さい

これもインデックス投資と同じで、1社が倒産しても被害は小さいです。

以上、高配当投資のメリットをまとめます。

  • 配当金が得られる
  • 個別株なら自分でほしい株を選べる
  • 個別株なら株価の値上がり益も狙える
  • 個別株なら信託報酬(運用・管理費用)がいらない
  • 投資信託なら少額からはじめられる
  • 投資信託なら始めから分散されているのでリスクが小さい

高配当投資のデメリット

高配当投資のデメリットを詳しく説明します。

配当金を分配するため資産形成には非効率

配当金をうけとるときに課税されます(20.315%)。

個別株は分散しにくくリスクが大きい

会社が倒産したら株の価値はなくなります。個別株をたくさん買って分散しようとすると大金が必要になるので分散しにくいです。

個別株の分散投資をする場合はお金とスキルが必要

上記のとおり、大金が必要になります。また、業種、業績、今後どうなるか、などの分析もしないといけないので、それなりの知識も必要です。

個別株の管理に時間と手間がかかる

分析にはとうぜん時間と手間がかかります。定期的に観察もしなければいけません。

投資信託の場合いらない株も入っている可能性がある

いらない株が1社なら妥協できるかもしれませんが、それが複数になると買うことをためらうのではないでしょうか。そんな投資信託しかなかったら買うことができませんよね。

投資信託なら信託報酬(運用・管理費用)がかかる

これもインデックス投資と同じデメリットで、持ち続ける限り手数料がかかります。

高配当投資のデメリットをまとめます。

  • 配当金を分配するため資産形成には非効率
  • 個別株は分散しにくくリスクが大きい
  • 個別株の分散投資をする場合はお金とスキルが必要
  • 個別株の管理に時間と手間がかかる
  • 投資信託の場合いらない株も入っている可能性がある
  • 投資信託なら信託報酬(運用・管理費用)がかかる

インデックス投資か高配当投資を選ぶポイント

高配当投資

インデックス投資と高配当投資がどんな投資方法なのか、なんとなくわかっていただけたでしょうか?

以上をふまえて判断すればいいのですが、ちょっと情報が多くて判断しづらいと思うのでポイントを押さえた2択を用意しました。次の問いを考えてみてください。

  • 今すぐ配当金がほしい or 将来ちょっとでも多くお金をうけとりたい
  • 投資を楽しんだり勉強したい or 投資に手間も時間もかけたくない

今すぐ配当金がほしい or 将来ちょっとでも多くお金をうけとりたい

たとえば毎月の生活費がもう少しほしい、リタイアして配当金で生活したいなど、定期的な収入源がほしいのだったら高配当投資が向いています。

今の生活費は足りているから将来うけとるお金が多いほうがいいというなら、インデックス投資が向いています。

配当金としてお金を受け取るとそのつど課税されるので、そのぶん将来うけとる金額は少なくなってしまいます。資産を増やすことが一番の目的なら、配当金にあたるお金をそのまま運用にまわしてくれるインデックス投資のほうが効率的です。

今すぐ配当金がほしい人:高配当投資

将来ちょっとでも多くお金をうけとるほうがいい人:インデックス投資

投資を楽しんだり勉強したい or 投資に手間も時間もかけたくない

投資を楽しみたい、勉強したいと思っているなら、個別株の高配当投資が向いています。インデックス投資は売買益を狙う投資方法ではないので投資の楽しみはありません。そして知識がいらないぶん学びも少ないです。

なので投資はあくまで資産形成のためで手間がかからないほうがいい人に、インデックス投資が向いています。

投資を楽しんだり勉強したい人:個別株の高配当投資

投資に手間も時間もかけたくない人:インデックス投資

あくまでザックリとした決め方なのでもっとジックリ考えたいなら、前の章を読んでくださいね。

あなたのライフスタイルにあった投資方法を

この記事のまとめ

  • インデックス投資と高配当投資で迷ったら、配当金のアリ/ナシで判断しましょう。
  • インデックス投資は配当金が出ないため効率よく資産形成できます。
  • 高配当投資は配当金を生活費にしたい人に向いています。

インデックス投資と高配当投資のどちらが自分にあっているか、答えは出たでしょうか?

選び方を長々と書いておいて最後にこんなことを言うのもアレですけれど、ムリに「これ一本で行く!!」と、決めなくてもいいと思います。両方やってみてもいいんです。

生活費がもう少しほしいから高配当投資をやりつつ、資産形成のためにインデックス投資もやる。これもアリです。あるいは勉強のために個別株をやりたい、でも高リスクだからメインはインデックス投資で。など。

ただ、高配当投資で毎月配当金をもらおうとしたら結構なお金が必要になるんですよねー…。問題はそれが出せるかどうか。インデックス投資にしろ、高配当投資にしろ、時間がかかります。だからちょっとでも早く動くほうがいいです。これは間違いありません。

そのあたりのこともよく考えて、あなたピッタリな投資方法を選んでくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です