つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

投資はいくらからはじめる?【投資の前に生活力を身につけよう!】

投資はいくらから

こんにちは。つくしです。

投資は長期になればなるだけ有利なので早く始めたいですよね。

とはいえ、お金を貯めないことには始められないし、汗と涙の結晶を全額つっこむのも気が引けます。

そこで今回は、「いくら貯めたら投資を始める?」をテーマに、投資をスタートする金額についてお届けします。

この記事では、

  • 投資スタートの目安になる金額
  • 投資を始める前に身につけたいスキル

このようなことがわかります。

これから投資を始めようと考えているのでしたら、読んでいただけると嬉しいです(^^)

投資はいくらからはじめる?

オススメは1000万円貯めてからのスタートです。

なぜかというと投資でお金を殖やすよりも、生活力を身につけるほうが先だからです。

生活力とは家計管理のことですね。

これができないといくら稼いでもお金は貯まりません。

年収1000万だけど家計は火の車とか、2馬力だけど貯金ができないとか、マネーコラムでよく見ますよね。

逆に年収400万だけど年100万貯めていますって人も見かけます。

収入が少なくても家計管理ができればお金は殖えるのです。

だからまずは支出をコントロールするすべを覚えて、お金を貯める力を身につけたいですね。

  • 1000万まではペイオフ対象です。
  • 緊急事態のために現金を手元においておきたいです。
  • 1000万貯められるくらいの家計管理はできないとこの先辛いです…。

というわけで、1000万貯めてからのスタートをオススメします。

貯金1000万貯金1000万円を達成するまでにやった10のこと
ペイオフとは
銀行などが破綻したときに預金保険機構が預金を払いもどす制度のこと。

払いもどしの上限額は1000万円とその利息です。

1000万まで待てないなら

「そんな!投資スタートは早いほうがいいでしょ!?」とおっしゃるかもしれません。

確かにそのとおりです…。

1000万貯まるまでの機会損失は無視できないし、1000万貯まってなくても家計管理ができる人も多いでしょう。

そんなときは、生活費3ヶ月分を貯めてからのスタートがオススメです。

生活費が1ヶ月15万なら45万ですね。

最低限これくらいの金額は持っておかないと緊急事態のときに困るかもしれません。

生活費3ヶ月分貯まるまでは待ちましょう。

ただし、つみたてNISAやiDeCoは利用しよう

1000万や生活費3ヶ月分が貯まるまでは投資よりも貯金だと書きました。

ですが、つみたてNISAやiDeCoは別です。

なぜなら、

  • 非課税枠はフルで使いたいし
  • 貯金感覚でつみたてできる

からです。

つみたてNISAは年間40万円が限度で、使わなかったからといって繰越できるものではありません。

使わないともったいないのです。

年40万円ということは、

40万 ÷ 12ヶ月 = 3.33…

月3万円強ですね。

ボーナスがあるのでしたら、

月3万円 × 12ヶ月 = 36万円

ボーナス時2万円 × 2回 = 4万円

で、合計40万円になります。

これくらいの金額ならつみたてできそうではありませんか?

毎月の手取りが少なくて3万円がキツいのであれば、毎月のつみたて額を減らしてボーナス時のつみたてを多くしてもいいですね。

毎月つみたてるって貯金と同じ行為だから、金利のいいところに預けるつもりで利用しましょう。

ただし預金のように自由に出し入れできないことは頭に入れておいてください。

スタートは生活力を身につけてから

この記事のまとめ

  • 投資スタートは1000万円貯めてからがオススメです。
  • 一刻も早く投資したいのなら生活費3ヶ月分が貯まった時点がいいと思います。
  • ただし、つみたてNISAやiDeCoは貯金のかわりに利用しましょう。

1000万(もしくは生活費3ヶ月分)までは元手を貯めつつ生活力を身につける期間だと割り切って、投資の勉強をしたり家計の見直しをしたり投資の準備をしておくといいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

[safe title=”ブログランキング参加中”] 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)> [/safe]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です