つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

自動車保険を安くするポイントはこの3つ!

  • 自動車保険を安くできないかな?
  • どこの会社がいいんだろう?
  • 補償や車両保険はどうしたらいい?
  • つけたほうがいい特約は?

このような悩みを解決する記事を書きました。

車を購入した時に言われるがまま自動車保険に加入して、見直しもせずにそのまま更新していませんか?

それ、すごくもったいない事をしているかもしれませんよ。

なぜなら保険会社を変えるだけで万単位のお金が節約できるんです。

このページにアクセスしたあなたは少なからず自動車保険の節約に関心がありますよね?

つくし

だったら今すぐ行動しましょう!

この記事を読んで、自動車保険を見直してみてくださいね!!

自動車保険を安くする3つのポイント

自動車保険を安くするために見直すべきところは大きく分けて次の3つです。

  1. 保険会社
  2. 補償内容
  3. 車両保険

後ほど順番に詳しく見ていきますが、ざっと説明するとこんな感じです。

保険会社|安い会社を選ぶ

同じ補償内容でも会社によって金額が変わってきます。

下手すると数万円違うこともあるので会社選びは超重要です。

補償内容|不要な補償をはずして現状に合わせた補償にする

いらない補償をはずし、適切な補償内容にする。

この2つを実行することで安くできるかもしれません。

ありがちなのが、車を買ったときの内容そのままで更新してしまうこと。

車を買って数年経てばあなたをとりまく環境が変わっているはずです。

年齢や運転者を制限することで費用が抑えられるので、制限ができるようであれば変更しましょう。

車両保険|高額になる修理はしない

必要以上に手厚い補償を付けているかもしれません。

思い切って車両保険なしにすれば、まるっと費用をカットできます。

1.保険会社を見直して安くする

補償内容が同じでも保険会社を変えるだけで安くなることがあります。

広告費や実店舗の有無などで上乗せされる経費に差があるからです。

ここで私が保険会社選びをした時のことお話しさせてください。

私はまずランキング形式の比較サイトにアクセスして順位と口コミを確認しました。会社ごとの口コミを丁寧に読んでいったので、これだけで1時間以上かかりました。

次に保険会社のホームページにアクセスして見積もりを取りました。

見積もりを取るには、個人情報、車の情報、保険の補償内容を入力しなければなりません。これがとても細かいことを尋ねられるんです。走行距離や車の型式なんて確認しないとわからないですから車と家を2往復しました。

補償内容の入力は悩みながらだったので、時間にすると2〜3時間はかかりましたね

入力箇所が多くて大変すぎたので結局2社しか見積もりを取りませんでした。

もしかしたら見積もりを取らなかった会社の中に、もっと安い会社があったかもしれません。

そんなわけで比較サイトを使うのも一つの手ですがとにかく面倒で時間がかかって仕方ありません。

保険会社を選ぶ時には一括見積もりサイトを使うと一度の入力で金額が比較できるのでとても便利です

2.補償内容を見直して安くする

補償内容で見直すべきところは次の3つです。

  • 運転者限定
  • 年齢制限
  • 人身傷害補償保険

次でもっと詳しく説明しますね。

運転者限定

契約者本人や家族しか乗らないのに『限定なし』になっていませんか?

  • 契約者本人もしくは配偶者のみが運転する場合 → 本人・配偶者限定
  • 同居の親族または別居の未婚の子も運転する場合 → 家族限定
  • 別居の親族、友人等も運転する場合 → 限定なし
限定にすることで安くなりますよ。現状に合ったものを選択してくださいね!

つくし

年齢制限

こちらも年齢制限をすることで安くなります。

参考までに私が契約しているSBI損保の年齢条件を書いておきます。

  1. 運転者の年齢が20歳以下 → 年齢を問わず補償
  2. 運転者の年齢が21~25歳以下 → 21歳以上補償
  3. 運転者の年齢が26歳以上 → 26歳以上補償
特に20歳以下は高いです。21歳になったら早めに限定することをおすすめします。

つくし

人身傷害補償保険の補償範囲

  • 契約自動車の搭乗中の事故のみ補償
  • 契約自動車外の事故まで補償

この2つのどちらか選べます。

車を複数台所有していて、『契約自動車外まで補償』を選んだ場合、他の車の人身傷害保険と重複しているかもしれません。

『契約自動車のみ補償』を選ぶと保険料を安くできます。

家族構成が変わった時や更新の時が契約内容を見直す絶好のタイミングです。見直すのは正直面倒だけど節約するチャンスですよ!

つくし

3.車両保険を見直して安くする

車両保険は思い切ってなしにすれば、数万円安くすることができます。

そんなことをしたら修理の時に困るだろう?

こう思われるかもしれませんね。

ですがよく考えてみてください。

ちょっと擦ったくらいの傷だったら、ポケットマネーから支払うことができますよね?大破してしまったら車ごと買い換えればいいんです。新車でも軽四自動車なら約100万円で買えますから。

いやいやちょっと待って。俺は新車の普通車に乗りたいんだよ。軽なんて乗る気ないね。修理に100万以上かけられないのに車両保険はいらないと言うのか?

このような意見もあるでしょう。ごもっともです。

車が趣味で生きがいだというのならそれはもう別次元の話なので好きにすればいいと思います。しかしただの移動手段として保有しているだけならば相応の車に乗る方が幸せではないかと思います。

というわけで上記の質問に対する答えは、『車両保険うんぬんよりも前に、支払い能力を超える車に乗ること自体やめたほうがいい』です。支払い能力を超えるということは言い換えれば分不相応だと言うことです。

どうしてもと言うのなら、できるだけ安い補償にして、できたら車両保険はなしにしましょう。

もしもの時に損をしない特約

基本的に特約はつけない方向でいいですが原付に乗るようでしたらファミリーバイク特約はつけておいた方がいいです。

車とは別に原付バイクだけで保険契約するよりも車の特約として契約する方が安くなります。

保険料はアップしてしまいますが、もしもの時のことを考えたらこちらの方がお得です。

契約内容を見直しましょう!

ざっと復習しますね。

見直すべきところは下記の3つです。

  • 保険会社一括見積りをして安い会社を探しましょう。
  • 補償内容運転者限定、年齢制限、人身傷害補償保険を見直しましょう。
  • 車両保険車両保険は不要です。

また、原付バイクを保有している人はファミリーバイク特約をつけましょう。

これらを見回せば数万円は安くなるでしょう。私は2万円以上安くなりました!

不要な補償をカットするだけで万単位のお金を節約できるなんてすごいことです。だって食費や日用品を切り詰めてもそんな大金を節約なんてできませんから。

つくづく固定費見直しの節約効果は大きいなと感じます。

どうですか?

見直してみようかなって思っていただけたでしょうか?

実際に私はガッツリ安くすることができたのでぜひ挑戦してみて欲しいと思います!!

やる気になっていただけたのでしたら、今すぐ、車まで行ってオドメーターの数字と車検証の写真を撮ってきてください。

即行動が大事です!早速、保険会社の見積もりから始めましょう!

つくし

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です