つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

火災保険見直しで1,955円の節約!賃貸契約時の火災保険加入は割高かも?

火災保険見直し

こんにちは。節約投資家つくしです。

先日火災保険更新のDMが届きました。

この火災保険は、賃貸契約と同時に申し込んだ保険でした。

以前の住まいも賃貸アパートだったので本来ならばそのまま継続しても良かったのですが、不動産屋さんに「指定の保険を契約して」と言われたので言われるがままに賃貸アパートと同時に契約しました。

お金に関する情報収集をするうちに賃貸契約時に申し込みさせられる火災保険はボッタクリの可能性があるという情報を得ました。

改めて火災保険の契約内容を見てみると、ボッタクリではなかったものの、もっといいプランが他社で販売されている。

そんなわけで更新を機に他社の火災保険に乗り換えました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

火災保険の新旧比較

わかりやすいように新旧保険の補償内容と金額を比較してみました。

火災保険新旧比較

左のS社が旧保険、N社が新保険です。

細かい特約等は省いた大雑把な比較ですけれどこれだけ違います。

N社の方が補償が厚く、保険料も1,955円安くて随分オトクです。

年単位で見ると2,000円弱の差なので、わざわざ乗り換える手間をかけてまでやることか?と考えてしまいますが、保険はずっとかけ続けなければならないので、長い目で見ると馬鹿になりません。

5年経てば差額は1万円程度になります。

乗り換えない手はないですね!

火災保険の乗り換え時に注意したこと

本来、火災保険はどこの会社と契約しようが自由なのですが、まれに契約書に指定されている場合があるそうです。

また、不動産屋や大家が保険を変更することを嫌がる場合もあるそうです。住まいをお借りする立場なので大家とのトラブルは避けたいところですよね。

なので念には念を入れて、契約書を読んだ上で管理会社に電話をして確認をとりました。

契約書に保険変更時には届け出をするように書かれていたので恐らく大丈夫だろうと思いつつ電話したのですが、何の問題もなくすんなり了承を得ることができました。

その後、旧保険会社に解約する旨の電話をして新保険会社に申し込み、届いた証券のコピーを管理会社に送って、無事に変更手続きが完了しました。

一人暮らし向けの火災保険

わたしが検討した火災保険は下記の3つです。

最終的に3番のお部屋を借りるときの保険にしました。

決め手となったのは、見積もりの簡単さ&わかりやすさ。

保険の開始日、世帯主の年齢層、家族構成、家財保険の金額の4項目を入力するだけで、補償内容から保険金額までパッと出てくるんです!

保険というものはとにかくややこしくて面倒くさいものですが、この保険には一切煩わしさがなく、そこが気に入りました(^^)

火災保険を選ぶ際の参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です