つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

好調な日本市場に投資するべき?

好調な日本市場に投資するべき?

こんにちは。つくしです。

最近は米国株よりも日本株の方が調子良いように見えます。

日銀やGPIFが買い支えているから安心感が半端ないし、海外からのお金も入ってきています。

去年、日本に見切りをつけて米国をメインの投資対象に鞍替えしたのだけれど、今の状況を見ると「早まったかな〜」なんて気持ちがムクムクと湧いてきます。

日本にお住まいの米国株投資家さんは今のこの状況をどう思いますか?

日本に投資しようかな?っていう気になりませんか?

ああ、ダメだな。

わたしは日本に見切りをつけたはずなのに。

まだまだ芯が通ってないフラフラ投資家です…

今の勢いがいつまで続く?

日本市場はバブル崩壊から未だに最高値を更新していません。

30年も経ったのに、です。

しかし最近の相場は右肩上がりで一時3万円をつけました。

この勢いがあれば最高値更新も時間の問題だと思われます。

新値を更新したら、そこから更に勢いを増すかもしれません。

でも。

この勢いは、今の金余りの状況があるからこそ、なんですよね。

金余りでなくなったらどうなるのか。

わたしはそこが気になります。

いずれインフレ対策のために金融引き締めをする時が来るけれど、それってそう遠い未来じゃないと思うのです。

FRBは2023年までは動かないと言っているそうだけど、裏を返せば2023年からは用心しなければならない。

投資家はせっかちだから2022年後半には、リスクヘッジの売りが出てくるかもしれない。

そう考えるとあまり時間はないかも…と思うのです。

わたしはもう少し長い時間軸での投資をしたいので、日本への投資はちょっとやりにくさを感じます。

米国への投資は安心感がある

一方米国はずっと右肩上がりに成長している世界一の経済大国です。

それは今後も揺らぎないと思います。

外国人投資家が日本から資金を引き上げることはあっても、米国に投資しなくなるなんてことはありえません。

今は割高な米国に投資するよりも割安な海外に目が向いているから日本が好調なわけだけれど、米国が割安になれば立ち位置が逆転するのでは?

なんてったって世界を牽引する企業がひしめく場所です。

安くなれば買われるに決まってます。

この絶対的な強さがあるからこそ、わたしは米国株投資を選びました。

そしてこの強さは揺るぎないと信じています。

隣の芝生は青く見える

米国市場だって決して悪くないのです。

隣の芝生は青く見えるというけれど、今は海外の方が好調だから良さそうに見えるだけ。

長い目で見たら米国が強いに決まってます。

青々とした芝生を横目で見ながら、数年後にはコチラの芝生の方が美しく輝いていることを願います。

[safe title=”ブログランキング参加中”] 最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)> [/safe]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です