つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

リスクを取らないリスク【投資をしない人は損している】

リスクを取らないリスク

こんにちは。節約投資家つくしです。

今回の記事も『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』について書きたいと思います。

つくし

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』に、リスクを取らないリスクについて書かれた章があります。

これは米国株投資を始めて、わたし自身が、強く、強く、実感したことの一つでもあるので共有したいと思います。

リスクを取らないことがリスクになるってどういうこと? と思われましたら、ぜひ以下の本文や 『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』 を読んでみて下さい。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

リスクを取らないリスク

わたしは米国株投資を始めると同時に資産の9割を株式投資に当てました。
世は新型コロナをきっかけに怒涛の金融緩和が行われている真っ只中。資産運用が貯金中心だった頃とは比較にならないスピードで資産が増えていきました。ざっと6倍くらいのスピードです。

資産の9割を投資に当ててリスクを取った結果がコレです。

もしもリスクを取っていなかったら・・・
今の資産に到達するまでにあと5年かかっていたことでしょう。

リスクを取らないこと自体が損に繋がることもあるんだなと肌で感じた出来事でした。

メリットとデメリットを天秤にかけてリスクを取る

デメリットって痛みを伴うことだから嫌には違いないけれど、たとえ失敗したとして挽回できる程度ならリスクを取っても良いんじゃない?って思えるようになりました。

先の体験をするまでは、デメリットにばかり着目して、リスクを取らない安全な道を選んできました。
だって痛いことや辛いことは嫌じゃないですか。平穏無事が一番です。

でもそうやって生きてきて、今が本当に幸せか? と問われると、答えに詰まっちゃうんですよね。

もっと幸せになれたんじゃないか? もっと幸せになるためにできることがあったんじゃないか? って考えてしまいます。
それって、積極的に幸せを掴みに行かない、リスクを取らない生き方をしてきたから、ですよね。

だから今後リスクを取る場面に遭遇した時には、デメリットばかりを見るのではなく、メリットとデメリットを天秤にかけて失敗してもいいやって思えるなら、積極的にリスクを取っていきたいです。

痛みを回避することばかりを考えるんじゃなくて、幸せを掴むことを考えていきたい。

前向きに生きたいなと、思っています。

おまけ

念入りにお手入れ中

動作の一つ一つが愛しいなぁ(←親バカ)