【家計管理】服飾品やコスメ費のやりくり【一年単位で予算を決める】

【家計管理】服飾品やコスメ費のやりくり【一年単位で予算を決める】

こんにちは。節約投資家のつくしです。

お洋服やコスメのような単価が高いもののお金のやりくりってどうされてますか?

わたしはと言いますと、そもそも単価が高いもの自体を買っていませんw

服はユニクロや無印などのファストファッションを利用し、コスメはドラッグストアで買える範囲のものにしています。

どちらもさほど興味なくて、それなりにきちんと見えたらいいかな?って感じでこだわりがないので、お手頃価格なものの中から選んでいます。

ところがお洋服やコスメが趣味の人にとって、これらの費用のやりくりって悩みのタネだったりしませんか?

わたしも服については凝っていた時期があったので、お金の悩みはわかるつもりです。

そこで今回は、お小遣いでやりくりが難しい時に、どうやってお金を捻出して管理するのかについて書かせていただきます。

ランキング投票へのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

単価が高いものの出費は予算を取っておく

家計簿は月単位で管理するのが普通ですが、単価が高いものについては年単位でやりくりを考えるとうまくいきます。

毎月の給料から出金するのではなくボーナスやこれまでの貯金から出金するのです。

毎月の家計簿とは別枠で管理するんですね。

『1年間でこれだけ』っていう枠を決めておけば使いすぎも防げますし、より注意するようになります。

お洋服やコスメに限らず、趣味のもの、お金をつぎ込む傾向にあるものは、年単位かつ別枠で予算を考えると管理しやすくなります。

お金の捻出方法

毎月の給料とは別枠でお金の管理をしろって言われても、そもそも貯金もボーナスも残ってないよってケースがあるかもしれません。

そこまでジリ貧だったら趣味にお金を注ぎ込んでいる場合じゃないって気もしますが…我慢我慢も辛いので、一つやりくりを提案させていただきます。

どうするかって言うと、お小遣いが貯まるまで待つ。

シンプルにそれだけです。

毎月の給料の残りを翌月に繰り越してお金を貯めます。

すぐに使ってしまうかもしれませんが、これも別枠で管理しておくといいです。

お金が貯まったら好きなものが買えるってなるとモチベーションが上がります。貯金が楽しくなってきます。

そうなったらしめたもの。

そのためにお金はキッチリ分けて管理しておく方がいいです。

あわせ技で、ボーナスで予算を取りつつ毎月定額を積み立てていくのもいいと思います。

お金のやりくりでやっては駄目なこと

やりくりする上で絶対にやっては駄目なことがあります。

お金がないのに使うこと。

つまり借金ですね。

現金がないからクレジットカード払いにする、ボーナス払いにする、リボ払いにする。全部駄目です。

ないのだから使ってはいけません。

翌月になったら、あるいはボーナスが入ってきたら払えるって考えるかもしれませんが、予定通りお金が入ってこないことだってあり得ます。

ボーナスなんて最たるものですよね。

ボーナス込みで住宅ローンを組んで家計が火の車なんて記事は再々目にします。

収入が予定通りでも急な出費が重なることもあるかもしれません。

そうなった時に困るのは自分自身ですから、お金の扱いは厳密にしておくくらいが丁度いいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です