長期投資できない理由と対策

長期投資できない理由と対策

こんにちは。つくしです。

長期投資って思いのほか難しくありませんか?

買ってただ放置しておけばいいはずなのに何故かできない。

わたしがついやってしまうのが、ヤレヤレ売り。

ヤレヤレ売りって言うのは、株を買ったあとに下がってしまって買値に戻ったところで「ヤレヤレ、やっと戻ったかぁ」って感じで売ってしまうこと。

株は上下するってわかっているのにやっちゃうんですよね。

そんなわけで今回は、長期投資のくせに握力弱すぎな件の反省会を開催しますw

長期投資ができない理由

握力弱い原因を考えてみました。

  • 値動きが気になる
  • 考えが変わる
  • 含み損に耐えられない

1個ずつ見ていきましょう。

値動きが気になる

平日の夜は隙間時間にチラチラ株価を見てしまいます。

長期目線だと一日の値動きなんて大したことないってわかっているけれど、一日に何度もチェックしてしまう。

イベントがあろうものなら熟睡できない。

株価が下がると、「ここでインしたのは失敗だったかな…」なんて考えて、精神的にダメージを受けてしまう。

そういう事が積み重なって、買値まで戻った段階で、ヤレヤレ…って手放してしまうんですよね。

考えが変わる

個別株投資を始めて日が浅いこともあり、新しく知ることってまだまだ多いです。

ほんの半年前までは、バリュー株?グロース株??って感じでしたからね(笑)

知識を得れば考え方が変わることもあるわけで…

「このポジションは良くないかも。手放そう」って、なることもありました。

昨日書いたアマゾンとアドビもこれに該当しますね。

でもこれは、知識をつけてパワーアップしたわたしが下だした判断だから、許容できるかな?と思います。

逆に過去にこだわってウダウダする方が良くないかも。

含み損に耐えられない

これですよ、一番の原因は。

不思議ですよね〜

含み益が減ることに対しては痛みを感じないのに、ちょっとでも含み損が発生すると気が重くなる。

株価は上下しながら上がっていくものだから、買った直後は下がって当然だとわかってはいるのだけど、ポジションの中にマイナスがあるだけで気持ち悪さを感じる。

ポジション一覧を見たときにマイナスの記号がないと、すっごく気持ち良い(笑)

だから、もうマイナスになるのは御免だ、と言わんばかりに手放してしまう。

痛みに弱いのは人の性だって言ってしまえばそれまでだけどね…

長期投資ができない対策

こうすれば握力強くなれるかも?

っていう対策を考えてみました。

  • 株価を追いすぎない
  • 10%の下落は日常茶飯事と心得る
  • 1か月前と比較してみる
  • 決算がいい限りホールド

1個ずつ説明します。

株価を追いすぎない

毎日何度も何度もチェックする必要なんてない。

ほどほどにしましょうってことですね。

感覚としては週に1回見れば充分かなぁって思います。

10%の下落は日常茶飯事と心得る

100万円投資して10%下落して90万円になってしまったら一大事ですよね。

10万円って下手したら1か月分の生活費ですもんね…

でもこれくらいの下落って割とあります。

たった1日で10%下落する事はあまりないけれど、2〜3日かけて10%はままあるよねって感じ。

けれどもそんなに悲観しなくて大丈夫。

ボロ株でない限り安値で拾いたい人が必ず現れて反発しますから。

「将来有望なピッカピカの株を買っているんだ、平気平気」って、どーんと構えてましょう。

1か月前と比較してみる

「すごく下落したー!」

と思って1か月前の株価と比較してみたらプラスだったってこともよくあります。

1か月前の株価と同じくらいだったら、大したことないじゃんって思えますよね?

決算がいい限りホールド

一番堅い戦術が、売買判断を決算だけですること。

決算がいい限りホールド。

それ以外のネガティブニュースや株価の上下には一切反応しない。

…これが一番の理想ではあるけれど、人間だもの、なかなか思うようには行きませんよね。

それに致命傷になりかねないニュースもあるから決算以外の材料も無視できない。

そのあたりの匙加減が上手い人が、本当に成功する投資家なんだろうなぁ…

長期投資マインドをセットしよう

わたしは株価を頻繁にチェックしすぎるせいで精神的にダメージを受けてホールドできないので、まずは株価を見過ぎないところから始めます。

なんとも低いハードルだw

有望な株なら持っているだけで大丈夫。

下手な売買を繰り返すよりも利が伸びるよって自分に言い聞かせてガッツリホールドを心がけます。

ブログランキング参加中
最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です