好きな銘柄を持ちたい問題

好きな銘柄を持ちたい問題

こんにちは。つくしです。

たびたび目にする『銘柄に惚れるな』というフレーズ。

わたしはこれ、何で?って思う。

惚れることの何が悪いの?

将来に期待して何が悪いの?

盲目になってガチホして損をするかもしれないから?

仮にそれで損をしたら損をしたでいいと思う。

だってそこまで思い入れがある銘柄なら、損をしても納得できるでしょう。

それにリスク管理をきちんとしていれば致命傷にはならないはず。

応援の意味を株を買う。

好きな企業だからホールドし続ける。

決算ミスしても手放さない。

そういう投資方法があってもいいんじゃない?と思う今日このごろです。

応援したい企業の株を持つ

わたしが個別株投資を始めた頃に、当時交流があった人がこんなことを言ってました。

「好き嫌いで株を選ぶな」と。

企業分析して投資判断を下すのが投資の王道で、好きだからとか、応援したいから、といった感情で投資するのはダメってことです。

大事な大事な虎の子の資金だから、その意見はもっともだと思います。

でもね。

最近は好きな企業の株を持つのも悪くないと考えるようになりました。

テスラを見て下さい。

業績はデコボコでピッカピカとは言い難い銘柄です。

にもかかわらず、株価は急上昇している。

それって多くの人が、テスラのストーリーに夢を見て、イーロン・マスクに惚れて、ついていこうと思った結果じゃないですか?

好きだから。

応援したいから。

そんな気持ちをいっぱい背負っている企業の株が伸びている現実があるのですよ。

だから、好きっていう気持ちを優先させた投資も悪くはないんじゃない?って思うのです。

荒波は覚悟すべし

テスラは急上昇しているけれど、急下降もしています。

数日で20%超の下落とかね…

業績で株価が動いていない会社って、得てしてボラティリティが高いです。

なので投資するならそれ相応の覚悟は必要かと思います。

いくら信じていても、いざ下落してマイナスになったら精神的にはキツイものです。

投資金額を少なくするとか、下がったところで分散して買うとか、リスク管理をきちっとしたいところです。

マイナスになっても耐えられる

好きな銘柄だったらマイナスになったとしても、忍耐強くホールドしやすいと思うんですよね。

好きっていう気持ちがあるから、信じて待つことができるから、損切り貧乏にならなくてすむ。

これが、ただ儲かりそうだからっていう理由だけで買った株だったら、危なくなったら即逃げたくなります。

それで戻ってきたところで再度インしている人ってよくいますよね。

もちろん、そういうやり方もアリですよ。

それがリスク管理だろうから。

でも一度損を確定させる上に底からの上昇を逃すことになるので、わたしはあまり好きなやり方ではないです。

一度投資対象と決めたら下がっても売らない。

だって下がるのは当たり前なんだから。

わたしは逆に下がったところで買い増しして底からの利益を取っていきたい。

これを実行するためには銘柄を信じてないと難しいですよね。

だから気持ちを込めて株を持つ。

この投資方法が今の自分にとって心地よいやり方かなーと思う。

ブログランキング参加中
最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です