私の物欲が無くなった理由。物への執着が薄れた話。

欲しい物がありすぎて貯金できない!と悩んでいませんか?

欲しい物を買えない、貯金もできない。二重の『ない』で辛いですよね。昔の私もそうだったから気持ちはわかります。

今の私は悩むほどの物欲は無くなりました。当然、物が欲しいと思うことはあるけれど二の次なんですよね。それよりも別のことに関心があるというか。

今回の記事ではこの心境に至るまでの体験談と物欲への対処法をお伝えしたいと思います。

  • 欲しい物がありすぎてお金が貯まらない
  • 物欲は抑えられる?
  • 物欲を無くすことなんでできるの?

この記事を読めば上記の悩みを解決できます。

物欲とうまく付き合ってお金が貯まる体質になりましょう!

物欲を抑えることはできない

欲しい物があるけれどお金がないから我慢する。これって長続きしませんよね。

物欲に限らず欲求はコントロールできるようなものではありません。

あなたも夜更かしをして昼間に眠気と戦ったことがあるでしょう。

ミントガムを食べるとか席を立つとかして誤魔化すけれど、しっかり眠らない限り眠気はつきまとい睡眠欲は満たされません。

物欲もそれと同じで、根っこの『欲しいと思う気持ち』を何とかしない限りずっと欲しいと思い続けてしまいます。

物欲を別の欲求にシフトさせる

『欲しいと思う気持ち』は意識を変えることでなくすことができます。

物があふれている状態が嫌、物が少ない方が気持ちいいと考えを改めたらいいんです。

そうしたら物があふれる事を避けるために買い物が減るでしょう。買い物が減ると物へ向いている意識や執着が薄れます。

自然と『欲しいと思う気持ち』がしぼんで行くんです。

これ、実際に私が体験した気持ちの変化です。

ここからは少し深くこの体験談をお話しします。

こんまりメソッドで物を捨てまくる

こんまりさんの本『人生がときめく片づけの魔法が流行った時にそのメソッドを実践しました。

知らない人のためにざっくり説明すると、例えば服だったらクローゼット内の服を全部出して、いる、いらない、保留の判断をしていくんです。一枚ずつ服を手に取って判断していくから、悩みまくるわ時間がかかるわ、結構な重労働です。

この作業をキッチンや本棚など場所ごとに区切って家全体やっていきます。

物はあまり持ってない私でも、ゴミ袋が5袋以上出たんじゃないかな?山のように捨てました。

物が少ない状態が気持ちよくなる

そうして家中のもの処分していくと、変な話、心が浄化されたような気分になりました。清々しくて気持ちいいような。

そして『この状態を保ちたい』『物を増やしたくない』って思うようになったんです。

買うものを厳選するようになると同時に物への執着が薄れる

物を増やしたくないから買うものを厳選するようになりました。

『欲しいから買う』から『必要だから最低限の物を買う』に、買い物の仕方が変わったんです。

『欲しいから買う』って気持ちはつまり物欲のことじゃないですか。考え方が変わったおかげで自然と物欲が減ったんです。

私の場合、物欲はスッキリした部屋をキープしたいという欲求に変わりました。

こんな感じで、物欲をなにか別の欲にできたら物欲に悩まされることはなくなると思います。

何のためにお金を使うか明確にする

前章の内容が実行できたらかなり節約できるとは思います。けれど『必要だから最低限の物を買う』という意識だけだと、不相応な高級品やブランド品を買ってしまいがちです。

なぜなら、最低限のもの=厳選した物=高級品やブランド品、という思考になってしまうんです。これも私の体験談です。

だからもう一つ、マインドセットをしましょう。何のためにお金を使うか明確にするんです。

お金は次の4つに使うようにしましょう。

  • 生活のため
  • 快適に過ごすため
  • 心を豊かにするため
  • 資産を増やすため

ひとつずつ説明しますね。

生活のため

これはわかりやすいですね。食品や日用品など生活に必要なものを買うための消費です。

快適に過ごすため

環境を整えることへの消費です。

一例を挙げると、お掃除ロボットを買って時短と掃除の両立を叶えることなんかがそうですね。

気をつけたいのは、お掃除ロボットを買うにしても自分にとって必要最低限の機能を選ぶことです。上を見たらキリがなく、お金も出ていきますから。

心を豊かにするため

例えば美術館に行くとか糧になるような消費です。時にはリフレッシュも必要です。

資産を増やすため

投資のことです。お金の投資だけじゃなく、勉強や身だしなみなどの自己投資も含まれます。

お金の使途を明確にした結果、高額ならそれでいいと思います。

浪費ではなく消費にお金を使い、ブランド品のような物の価値以上に高いものは買わないようにしましょう。

物以上に夢中になれることを見つけるのが重要

最後にまとめです。

  • 物欲は抑えようとしても抑えられない
  • 物欲を別の欲求に転嫁させる
  • 浪費ではなく消費にお金を使い、価値を基準に買い物をする

考え方を変えれば物欲は自然となくなります。

以前は欲しいものが山のようにあった私の物欲がすっかり消え失せてしまったのだから間違いないです。

まずは意識から変えていきましょう!

冒頭で紹介したこんまりさんの本は取っ掛かりにすごく良いですよ。読んだら絶対捨てスイッチが入ります!すぐに行動したいなら是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です