つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

『落ちるナイフは掴むな』を身をもって学びました

落ちるナイフ

こんにちは。つくしです。

3月始めの週に躓いた米国市場。

それからしばらくは弱気な展開が続きましたね。

その時、余剰資金があったので、「待ってました!」と言わんばかりに欲しかった個別株を買いました。

そしたらまあ、その後に下がること下がること。

これは一時的なもので、いずれもとに戻ると信じていたので静観していましたが、やっぱり増えていく含み損を見続けるのは気分よくないですよねぇ。

早まっちゃったなぁ~

「こんなこともあるのね」と、また一つ学びになりました…。

ランキング投票へのご協力をお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

落ちるナイフは掴むな

下がったところで買うのが鉄則だからと言って、下がってすぐに買うのは危険です。

何故ならどこまで下がるかわからないから。

とあるニュースが出て、自分はポジティブだと判断したとしても、マーケットはそう考えていないかもしれない。

目が覚めるような素晴らしい決算を出したとしても売られることもある。

本当に思ったとおりには行かず、謎の動きをすることもしばしばあります。

理解しようなんて考えるだけ無駄。

流れに乗る、ついていく、後を追う、くらいの心構えで臨むほうがいいと思いました。

ついつい前のめりになって早いこと仕込もうとしてしまいがちだけど、慎重に行動しなくては。

なんせ大事な大事な虎の子の資金だから。

慎重になりすぎてチャンスを逃したとしてもまた別のチャンスがやってきます。

わたしのような駆け出し投資家は、周りの意見をしっかり聞いてから行動するくらいが丁度いいと学びましたね。

木ばかりではなく森を見よう

木=個別株だけではなく、森=経済等の株式市場をとりまく環境にアンテナを張り巡らせておくのも凄く重要だと思います。

全体の流れがわかっていれば、今は下がっているけれど直に戻るとか、取り返しがつかないことになる前に資金を引き上げようとか、対策できますからね。

木ばっかり見てたら森の広さがわからなくて迷ってしまいます。

その手の情報は、楽天証券やマネックス証券をフォローしていれば得ることができます。

そうして得た『この時期はパフォーマンスがわるいけれど絶好の買い場だ』という情報から、落ちるナイフを掴んでしまったのが今回のお話なんですが…(笑)

前のめりは危険だと身を以て学んだので次回から慎重に行動するように心がけます。

ちょっとタイミングが前にずれたわけだから、周りを見てタイミングを合わせて行動すれば良いんだよね。

タイミングが難しいなら積立投資を

タイミング良く投資するっていうのは本当に難しいです。

それで含み損を抱えて憂鬱な日々を過ごすのなんてゴメンだって人には、定期積立が向いていると思います。

個別株じゃなくて、セクターや市場、国など、投資範囲を広げていけばリスクが小さくなるから、より安心です。

個人的にはS&P500への投資がリスク・リターンのバランスがいいと思ってます。

ただ感じ方は人それぞれなので、そこは自分に最適な投資対象を探していただければいいかなと。

とにかく現金だけ持つのではなくて何かに投資はした方が良いですね。

現金しか持たないのも、かなりのリスクを取っていること変わりないですから。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です