つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

マネーリテラシーが高まった経験8つ

マネーリテラシー

こんにちは。節約投資家つくしです。

マネーリテラシーとは、お金の知識や判断力のことです。

つくし

凡人のわたしの経験で恐縮ですが、マネーリテラシーが高まったと思う出来事をピックアップしました。

凡人だからこそ参考になることがあるかもしれません。これからマネーリテラシーを高めたいと考えている人の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

マネーリテラシーが高まった経験1.一人暮らし

一人暮らしというよりも貧乏暮らしの方が適切かもしれません(笑)

一人暮らしを始める前は、給料明細をもらっても中身を見もしないくらい、お金に興味がありませんでした。
それが収支がギリギリの貧乏生活がキッカケとなり、まずは自分の収入に強く関心を抱くようになりました給料明細を欠かさずチェックするようになったのはこの頃です。

マネーリテラシーが人並み以下だったわたしが、他の人と肩を並べるくらいになれました。

マネーリテラシーが高まった経験2.家計簿と家計管理

ギリギリの貧乏生活を送る上でお金の流れを把握することは必須でした。必要に迫られて家計簿をつけ始めました。

何もイベントがない月はプラスで家計簿を締めることができたけれど、家電の買い替えとか交際関係とか、出費が多い月は収支がマイナスになることが多々あり試行錯誤しました。
予備費や自由費という形で余裕のある月にお金を蓄えておき、マイナスを穴埋めする方法を編み出してやりくりできるようになりました。

この経験が大きな財産になりましたね。

マネーリテラシーが高まった経験3.簿記の勉強

日常生活で簿記を意識することはほとんどないけれど、事務の仕事では役立っています。

簿記ってお金にとっての言語のようなもので、知ってて当たり前。知らないと苦労する。そんな存在です。
経理担当者でなくても仕訳には遭遇するし、決算資料を渡されることもあるでしょう。

会社員をやっていたら当然のように使用するので、知識があって良かったなーと。

マネーリテラシーが高まった経験4.FP の勉強

簿記とは違って、日常生活に根ざしたお金の知識が学べるのが、FP(ファイナンシャル・プランナー)の良いところです。

保険の知識は生命保険や損害保険の加入を考える時に役立ちますし、不動産の知識は家を買う時に役立ちます。
ひるがえすと、知らないと損をするってことなんですよね。

資格を取らないにしても、ひと通り知っておきたいのが FP の知識だと思います。

マネーリテラシーが高まった経験5.読書

興味がある分野(特に投資関係)の有名書籍を多読したおかげで、いろいろ知ることができました。

それよりも何よりも、価値観そのものをひっくり返されることがあり、そんな本との出会いこそが宝物! 読んで良かった!って思う瞬間です。

マネーリテラシーが高まった経験6.投資信託の購入

投資の世界へ踏み出した記念すべき第一歩でした。

やっぱり、本で学ぶだけなのと、金融商品を実際に保有するのでは、意識が変わってきます。

たとえばお昼のニュース。アナウンサーの「株と為替の値動きです」のセリフが来るとニュースは終わりだって認識でしたが、最後まで見聞きするようになりました(笑)

マネーリテラシーが高まった経験7.米国株投資

投資を通して、世界情勢や経済、ニュースに目が行くようになりました。

お金を得ることが目的ではじめた投資ですが、お金を得るためには企業分析が必要。ゆえに事業内容や決算まで知ることになる。芋づる式に繋がっているんですよね。

特に米国株投資を始めてからは、海外の情報に強くなりました。

マネーリテラシーが高まった経験8.ブログ運営

稼ぐことの大変さを思い知りました!!!

だってもう全然稼げません。果たしてこのブログが収益化できる日が来るのだろうか・・・涙。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

おまけ

振り返るとそこに・・・

ブログ執筆中、背後に視線を感じたら大体こんな感じです。
まばたきもせず、じーーーーーーっと、見てるんですよねぇ。