つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

楽天ふるさと納税は買い物感覚で簡単! やり方やお得な理由を解説

楽天ふるさと納税

こんにちは。節約投資家つくし (@i294tsukushi) です。

ふるさと納税をやってみたいけれど一歩を踏み出せない・・・。その理由は次の2つではないでしょうか?

  • やり方がわからない
  • 面倒なことはしたくない

わたしもこの2つに抵抗があって、ふるさと納税を始めるまでに時間がかかりました。

しかしあるとき楽天でふるさと納税できると知り、登録の手間がないぶん簡単かも?と思って挑戦してみました。結果、難しいことは何もなく返礼品をいただくことができました。

一番心配していた書類の提出もつまづくことなく終わりました。以来毎年楽天でふるさと納税をしています。

つくし
つくし

この記事は、そんな楽天ふるさと納税リピーターのわたしが、楽天ふるさと納税を紹介する記事です。

  1. 楽天ふるさと納税の特長
  2. ふるさと納税のやり方
  3. おすすめの返礼品

以上をご案内しております。

楽天ふるさと納税ならいつもの買い物と同じ要領でふるさと納税ができます。さらにお買い物マラソンなどのイベントを利用すれば楽天ポイントを大量にゲットできます。利用しないともったいない制度なので、挑戦してみてくださいね!

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ ランキング投票へのご協力をお願いします。

楽天ふるさと納税のやり方は買い物とほぼ同じ

楽天ふるさと納税の最大のメリットは楽天市場で買い物するときと同じ要領でふるさと納税できることです。

商品を選んでポチるのが普通のネットショッピングですが、ポチる前にふるさと納税限度額を計算して、ポチった後に書類を提出します。

他のふるさと納税サイトを利用する場合、規約を読む時間や会員登録する手間もかかりますが、その点、楽天ユーザーが楽天ふるさと納税を利用する場合は2手間増えるだけですからハードルは低いです。慣れ親しんでいるサイトなので戸惑うことも少ないと思います。

楽天ふるさと納税のメリット4つ

  1. 楽天ポイント還元率が高い
  2. 楽天ポイントが使える
  3. 参加する自治体数と返礼品数が多い
  4. レビューを参考に返礼品を選ぶことができる

以下で詳しく解説します。

楽天ポイント還元率が高い

他にもポイントを導入しているサイトはありますが、還元率の高さは楽天が圧倒しています

維持にお金がかからないサービス(楽天カード、楽天モバイル、楽天銀行、楽天証券、楽天アプリ)を利用して、イベント(スーパーセール、お買い物マラソン、5と0のつく日)を狙ってふるさと納税と日用品などの買い物をすれば、ポイント10倍は難しくありません。

イベントに合わせる煩わしさはありますが、慣れてくるとむしろこのチャンスを逃すともったいない! という心理になるので、さほど気にならないんじゃないかと思います。

楽天ポイントが使える

貯めたポイントをふるさと納税に充てることもできます。自分の懐を痛めることなく返礼品をもらうことができる。これって何気にすごいことだと思いませんか?

参加する自治体数と返礼品数が多い

楽天でふるさと納税ができる自治体数は1,311、返礼品数は271,010です。(2021年10月10日現在)

最多なのはふるさとチョイスで自治体数約1,600、返礼品数約37万ですが、それに次いで、さとふる(自治体数1,018、返礼品数284,481)と肩を並べる規模です。

レビューを参考に返礼品を選ぶことができる

ふるさと納税は食品をもらうことが多いですし高額ですから尚のこと失敗したくありませんよね。そんなときにレビューがとても参考になります。レビュー件数で人気商品もある程度わかります。

★5つ表示など、レビューもいつもの買い物と同じなのでわかりやすいですね。

楽天ふるさと納税のやり方

それでは詳しいやり方を説明します。

シュミレーターで寄付できる上限額の目安を計算する

まずは、自分がいくらまで納税できるのか? 上限額を知りましょう。

かんたんシミュレーター』にアクセスしてください。

年収、家族構成、扶養家族を入力したら目安の金額が表示されます。この金額以内で寄付すれば OK です。源泉徴収票がありましたら詳細版シュミレーターで計算することをおすすめします。できるだけ上限ギリギリまで寄付したいですからね。

返礼品を選んで寄付をする

いつもの買い物と同じ要領でポチッとしてください。ただし以下の3点に注意してください。

  • 注文者情報が住民票の氏名・住所と一致しているか
  • クレジットカード名義人と注文者氏名が一致しているか
  • ワンストップ特例申請書を要望する/しないの選択

つまり配達先を変更したり、家族のクレジットカードで決済したりできません。自宅に配達、自分のクレジットカードで申し込みしましょう。

ワンストップ特例申請書とは

ワンストップ特例制度とは確定申告をしなくても寄付金控除を受けられる仕組みで、ワンストップ特例申請書は制度を利用するときに提出する書類です。必要事項を記入して寄付先の自治体へ送付すれば OK です。ただし以下の条件を満たした人のみが対象になります。

  • 確定申告をする必要がない給与所得者
  • 1年間の寄付先が5自治体以内

確定申告しない会社員の方は『要望する』を選んでおけばいいでしょう。

ワンストップ特例申請書を記入して返送する

後日、寄付をした自治体からワンストップ特例申請書が郵送されます。必要事項を記入して本人確認書類を添付して返送しましょう。

締切日が翌年の1/10必着なので、年末ギリギリに寄付したときはご注意ください。

タイプ別おすすめの返礼品

生活の助けになるようなものを自由に選べばいいのですが、少しだけわたしの経験からおすすめの返礼品を紹介させてください。

  1. 何度もふるさと納税したくない人
  2. 食品よりも日用品がいい人
  3. 街の買い物で重いものを持ち運びたくない人

具体的なおすすめの品を紹介しますね。

何度もふるさと納税したくない人

ふるさと納税に手間をかけたくない人は定期便がおすすめです。定期便はその名の通り、一度の寄付で複数回定期的にお礼の品が届きます。

食品よりも日用品がいい人

生きる上で絶対に切らすことができないトイレットペーパーがおすすめです。トイレットペーパーをドラッグストアで買って持ち帰るのは案外大変ですし、ある程度ストックも必要ですからピッタリではないでしょうか?

街の買い物で重いものを持ち運びたくない人

車を持っていないと重たい買い物は苦痛ですよね。そこでおすすめなのがお米や飲料の返礼品です。重いものを運ばなくてすむし食費が助かります。

まとめ|楽天ふるさと納税は買い物感覚で簡単、ポイント還元率が高くてお得!

  • 楽天ユーザーであれば新規会員登録などしなくてもいい
  • ふるさと納税でポイントが貯まり、ポイント還元率は高い
  • 買い物と同じ要領でできるが、注文者と配達先及びクレカ名義人を同一にしなければならない
  • 買い物との違いは、寄付前後に納税限度額の計算と申請書類提出(もしくは確定申告)をすること

ガイドに沿って進んでいけば難しいことはないと思います。面倒くさい面は否定できませんが、それを乗り越える価値はあります。ぜひ挑戦してみてください!

つくし
つくし

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♡

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です