つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

後悔していること【最悪から抜け出すには?】

後悔していること【最悪から抜け出すには?】

こんにちは。つくしです。

『人生は後悔の繰り返し』

なんて言うけれど、後悔していることってありますか?

わたしはもちろんありますよー

決断を下だしたその時は、後悔しないと思って先に進んだはずだけれど、後になってやっぱり○○しておけば良かった…ってことがあります。

今回はそんな後悔エピソードをちょっとだけ書きます。

後悔1.英語の勉強をしっかりやっておけばよかった…

中学生の頃から英語が苦手です。

「海外に行くことはないだろうし苦手でもかまわない」

そう開き直って苦手なままホッタラカシにしたことを、今、後悔しています。

だって米国株投資をやる上で英語ができないのは致命的だよねぇ…

幸いにも日本語の情報が溢れているからまだ何とかなっているけれど、できることなら一次情報を当たりたい。

今から勉強することももちろんできるけれど、仕事や投資をしながら勉強も…ってなると時間が足りない。

ええ、わかってます。言い訳だって。

でもやりたい事がありすぎるんですもの。

いまでも時間が足りないのに更に英語の勉強はキャパオーバーです。

そんなわけで、やっぱり勉強は学生のうちにシッカリやっておくべきだったな〜って後悔してます。

後悔2.もっと自己主張すればよかった…

比較的、自分の意見を言えるようになった今だからわかるけれど、言葉を飲み込むのって良くないですよね。

自分自身ストレスが溜まるし、相手が間違っているのなら言ってあげるほうが優しさだし。

なんで黙ってやり過ごすタイプになったかと言うと、幼い頃、良い子でいようって気持ちが強かったから。

大変そうな母親を見ていたら、母を困らせちゃダメだ、自分さえ黙れば丸く収まるのなら我慢しようって思って、口に出せなくなったんですね。

そのまま大人になったある日の職場で「黙っていたらわからない」とピシャリと言われて軌道修正できました。

あのまま黙り込んで鬱々していたら…

あるいは母に自分の意見をハキハキ言える人格を形成していたら…

人生変わっていたんじゃ?って考えてしまいますね。

後悔して立ち止まらない、挽回できる

わたしと同じように勉強しておけば良かったって後悔している人は多いと思うけれど、勉強なんてやろうと思えば死ぬまでできるのだから後悔するのも変な話。

まだまだチャンスはいくらでもあるよ!

そう思います。

わたしは時間に余裕ができたら(老後とか…気が早い?笑)、英語に限らず興味のある分野の勉強をしたいなーなんて考えてます。

生い立ちや境遇もそう。

本人の気持ち一つで好転できる。

自分の内に吐き出せなかった言葉を溜め込んで、毎日泣いて過ごしていた時期がありました。

家族の繋がりがまるで呪いだと、この呪縛から開放される事は死ぬまでないのだと考えていた絶望の日々。

そんなドン底から這い上がって来れたのは、時間の経過と気持ちを切り替えに成功したから。

ほら、ニュースでよくやっているじゃないですか。

家族間トラブルの殺傷事件。

あれを見てたら家族間のイザコザなんてよくある当たり前の出来事。

事件になってないだけ我が家はマシだ…って思えて、気持ちが楽になりました。

後悔や絶望することがあっても、だからこそ上を目指せる。

今がドン底だとしたら、これから先は良い未来しかないじゃないか。

だから後悔してそこで立ち止まるのではなく、しっかりと今の自分を見て、受け入れて、良くなるように行動して欲しい。

やり直しできるんです。

思い描いていた未来とは違うかもしれないけれど、思い描いていた以上の未来が待っているかもしれません。

ドン底から這い上がった人間は強いよ、間違いなく。

[safe title=”ブログランキング参加中”] 最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)> [/safe]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です