つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

“あまったお金を蓄財する”の間違い【お金が貯まる方法は”先取り”です】

間違った蓄財の考え方

こんにちは。節約投資家つくしです。

貯金や投資額を増やしたいのであれば、「あまったお金を貯金(投資)する」と考えるのは間違いです。正解は「貯金(投資)してあまったお金で生活する」です。

お金が貯まらない人は、この順序を逆に考えているかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

“あまったお金を蓄財する”の間違い

蓄財したかったら蓄財優先の生活をしなければなりません。
あまったお金を蓄財する」なんてあまっちょろい考えではうまくいきっこないです(←経験済)。

たとえば節水するときって、あらかじめ容器に水を汲んでおいて、その容器の中の水をちょっとずつ使うなりしてしのぎますが、お金も全く一緒なんですよね。

蓄財するお金を先に取り分けて、残ったお金で生活する。

そうしたら毎月必ず蓄財できますし、やってみたらわかると思うんですけれども、限られたお金で生活するのって思いのほか苦になりません。

蓄財の古典バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか 文庫版 [ ジョージ・S.クレイソン ]でも、収入の9割で生活をして1割を貯蓄せよ。9割でも生活できる。って言ってますし、むかしから蓄財の王道は『先取りなんでしょうね。

『先取り』する金額はいくら?

収入と支出のバランスによりますが、手取り給料の1~2割が目安になります。

手取り15万の1割で1.5万円。手取り20万円の1割で2万円、2割で4万円。
いかがですか? なんとかなりそうな数字ではありませんか?

一人暮らしを始めた当時は手取り15万円で1割を貯金していました。ギリギリの生活だったけれど何とかクリアできましたよ!

つくし

支出って月ごとにバラツキがあるから当然マイナスになる月も出てくるでしょう。そんな時は前後の月で調整するとかボーナスを充てるとかして、1年を通じて平均1~2割貯めることができたらOKです。

先取りや帳尻合わせの調整からわかると思いますが、計画的に蓄財することが大切になります

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 投資・節約・暮らしに役立つブログ記事はコチラ/

投資 | 節約生活 | シンプルで豊かな暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です