SBI証券を7年利用して感じたメリット【初心者にオススメ!】

SBI証券

こんにちは。つくしです。

今回は、SBI証券の紹介です。

この記事でわかること

  • SBI証券のメリット・デメリット
  • 楽天証券との比較
  • 第三者による口コミ

私は資産運用のメイン口座として、SBI証券を約7年利用しています。

コロナの影響で投資に興味を持ち、口座開設をしている人が増えているとニュースで知りました。長年の利用者として記事にすることでお役に立てるかな?と思い、SBI証券についてまとめました。

「これから投資を始めたい」「SBI証券ってどうなの?」って思っているあなたのお役に立てたら嬉しいです(*^^*)

\最短5分で完了!/
SBI証券の口座開設へすすむ

※ 口座開設は無料です。

SBI証券の5つの特長

SBI証券

SBI証券の特に注目したい特長は次の5つです。

  • 投資信託の取扱本数は2,600本以上
  • 投信積立なら100円から始められる
  • 投資信託の買付手数料が0円
  • iDeCoやNISAで節税できる
  • Tポイントが貯まる/使える

一つずつ詳しく説明しますね。

投資信託の取扱本数は2,600本以上

業界トップ水準の取扱本数です。

品揃えが豊富だから、あなたにピッタリな商品があるはず。

商品を選ぶ手段も、ランキング、地域、種類、など充実しているので、「商品が多すぎて探しきれない!」なんてこともありません。

投信積立なら100円から始められる

100円から投資できます。

まずは少額からはじめてみて、投資がどんなものか学ぶのにピッタリです。

初心者にオススメな理由はコレなんですよね。

少額でも実際に投資したら関心の度合いが違ってきます。

損しても数円~数十円なので、「道に落とした!」くらいの気分ですむじゃないですか?

SBI証券は「お試し→本格運用」しやすい環境が整っているから、特に初心者にオススメです。

投資信託の買付手数料が0円

以前は限られた商品だけ買付手数料0円でしたが、今はすべての商品の買付手数料が0円です。

手数料の比較というと買付手数料と信託報酬の2つですが、買付手数料が0円になったおかげで信託報酬の比較だけで済むようになりました。

iDeCoやNISAで節税できる

投資の売却益が非課税になる税優遇制度、iDeCo と NISA の両方を利用できます。

iDeCoとは
毎月一定額を積み立てて金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取る制度のこと。

iDeCoには次の3つのメリットがあります。

  1. 掛け金が全額所得控除になります。
  2. 運用益にかかる税金が非課税になります。
  3. 退職所得控除が使えます。

NISAとは
株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度のこと。

NISAには、一般NISAとつみたてNISAの2種類があって、長期投資に向いているのはつみたてNISAです。

  • 一般NISA:年120万円×5年=600万円まで投資できます。
  • つみたてNISA:年40万円×20年=800万円まで投資できます。

この2つの制度を利用して長期投資することで数百万円の節税が可能になります!

Tポイントが貯まる/使える

投資信託を保有しているだけでTポイントが貯まる「投信マイレージサービス」があります。

貯まったポイントを使って投資信託を購入したり、とうぜん街で利用することもできます。

わたしはこのTポイントをガソリン代に当て生活費を安くしてます(*^^*)

\最短5分で完了!/
SBI証券の口座開設へすすむ

※ 口座開設は無料です。

SBI証券のメリット

SBI証券

先に挙げた5つの特長の他にも、たくさんのメリットがあります。

将来、投資信託以外もやってみたくなったときに選択肢が多いほうがいいと思ったので、投資信託以外のメリットも載せています。

  • 口座開設がスピーディ
  • 自動で銀行から入金して積み立てできる
  • 投資信託の積み立ての間隔を選べる
  • 取扱商品が多岐にわたる
  • 国債のキャンペーンを定期的に開催している
  • 住信SBIネット銀行と連携して金利が上がる
  • アクティブプランで1日50万円以下の手数料が無料
  • 早朝や深夜でも取引が可能
  • SBI債が買える
  • スマホアプリが充実している
  • ロボアドバイザー「ウェルスナビ」が利用可
  • ネット証券大手の安心感

ちょっと長いですが一つずつ説明します。ついてきてくれたら嬉しいです笑。

口座開設がスピーディ

思い立ったらすぐ行動!今すぐ口座開設したいあなたにピッタリです。

ネットで申し込み→最短で翌営業日から取引することができます。

申込みは個人情報の入力と本人確認書類のアップロード、その1~2日後に口座開設手続き完了の案内が簡易書留で届きます。

自動で銀行から入金して積み立てできる

積み立ての設定をしておけば、勝手に入金して勝手に買付してくれます。

完全にホッタラカシにできるから手間いらずです。

こうなるとわたしたちがすることは数ヶ月に1度の口座チェックくらい。

時間をかけることなく投資ができますよ。

投資信託の積み立ての間隔を選べる

積み立ての間隔を、毎日、毎週、毎月、複数日、隔月の5つから選べます。

細かい値動きを狙いたい人には嬉しいですね。

取扱商品が多岐にわたる

たとえば今は投資信託の購入しかしなくても、将来「株や金の取引もやってみたい!」となるかもしれません。

SBI証券の取扱商品の多さは業界トップ水準なので、あなたが「やってみたい!」と思ったときにすぐに買うことができます。

また口座開設から…なんてことになったら出鼻をくじかれますからねぇ。

国債のキャンペーンを定期的に開催している

毎月、個人向け国債のキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

50万円買うと500円バックしてくれるので、私はいつも50万単位で購入しています。

住信SBIネット銀行と連携して金利が上がる

住信SBIネット銀行とSBI証券を紐付けると、普通預金の金利が0.01%にアップします。

通常の金利は0.001%なので、なんと10倍です!

アクティブプランで1日50万円以下の手数料が無料

国内株式現物取引のアクティブプランで、1日の約定代金合計額が50万円以下の場合、手数料は0円です。

早朝や深夜でも取引が可能

国内株式(現物)の通常の取引時間は 9:00-11:30,12:30-15:00 ですが、SBI証券のPTS取引は 8:20-16:00,16:30-23:59 です。

SBI債が買える

SBI債はその名のとおりSBI証券の社債です。

2022/4/14満期の第40回SBI債の利率は年0.6%でした。

申込みが多いから抽選ですけれども、当たったら大人気SBI債を買うことができます。

スマホアプリが充実している

オリジナルのスマホアプリがあり、投信積立専用のアプリもあります。

ロボアドバイザー「WealthNavi」が利用可

ロボアドバイザー最大手 WealthNavi(ウェルスナビ)を利用できます。

ネット証券大手の安心感

SBI証券を選んだ理由に「大手の安心感」を挙げている人が多くいました。

はい(^^)/ わたしもその一人です。

大事な大事な財産を預けるのだからとうぜんですよね!!

\最短5分で完了!/
SBI証券の口座開設へすすむ

※ 口座開設は無料です。

SBI証券のデメリット

SBI証券

続いてデメリットをお伝えします。

  • 商品数が多すぎて選ぶのに時間がかかる
  • PCサイトが見づらい

気になる2点を詳しく説明します。

商品数が多すぎて選ぶのに時間がかかる

メリットで商品数が多いことを挙げましたが、デメリットでもあるな…と思います。

買う商品が決まってなくてイチから探すとなると大変です。

特に初心者は良し悪しの判断が難しいでしょうから、商品数が多いのはメリット・デメリットの両方の側面があると知っておいてください。

PCサイトが見づらい

スマホから見るとスッキリしていますが、PCから見るとごちゃごちゃして見づらいです。

情報量が多いからごちゃつくのは仕方ないのかもしれませんが、目的地になかなかたどり着けません。

PCサイトのリニューアルもしてほしいです…。

SBI証券と楽天証券の比較

SBI証券とともによく名前が上がる楽天証券と比較です。競争相手なだけあって、ほとんど差はありません。

決定的な違いはポイントなので、迷ったらポイントを基準に選ぶのもいいかもしれません。

SBI証券 楽天証券
投資信託の本数 2651 本 2638 本
最低積立金額 100 円 100 円
iDeCO 本数 38 本 32 本
一般NISA  あり あり
つみたてNISA 本数 160 本 158 本
ポイント Tポイント 楽天スーパーポイント

2020/5/17現在

SBI証券の口コミ

SBI証券

価格.com のレビューを見ると、利用者はおおむね満足しているようでした。

気になった口コミは下記のとおりです。

  • 商品選びのときサポートの方がきめ細やかな対応をしてくれた。
  • サイトとアプリが見づらい。
  • コロナ騒動のときにエラーで取引できなかった。

コロナの暴落でアクセスが殺到してシステムが処理しきれなかったのは仕方ない気もするけれど、自分の虎の子の財産が危険にさらされたとしたら、そんな悠長なことは言ってられませんよね…。

というわけで、短期売買をするつもりならシステムが強固な会社を選んだほうがいいかもしれません。

SBI証券のまとめ

SBI証券

この記事のまとめ

  • 取扱商品が豊富で手数料が安い
  • Tポイントが貯まる/使える
  • 大手の安心感がある
  • 楽天証券との差はあまりない

SBI証券はなにをやらせてもそつなくこなす、優等生的な証券会社という印象です。

実際にわたしも投資信託の購入だけではなく、iDeCo、NISA、国債、住信SBIネット銀行との連携と、幅広く使っています。

何をしても使えるので、とりあえず…で口座を作っても、まったく問題ないと思います。

7年使ってこれといったトラブルもなく、順調に資産が増えています。

お金というデリケートなものの預け先なので安心と信頼が一番ですよね。

なのでこれからもお世話になります(^^)

\最短5分で完了!/
SBI証券の口座開設へすすむ

※ 口座開設は無料です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中

「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です