つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

利確はどうする?売った翌日に上昇した話

利確のタイミング

こんにちは。つくしです。

Zoom株が1日で5%程下げたときに、ちょっとだけ買いました。

その後すぐにもとに戻して更なる上昇を期待していたのだけれど、グズグズした展開になったので早めに逃げました。

この株はボラティリティが高くて下がるときはガツンと下がります。

元より長期で付き合うつもりはなかったので早めに逃げたわけだけど、そうしたら翌日に4%程上昇しましたw

あるあるですよね〜

そんなわけで今回は、利確のタイミングについて考えてみました。

よろしければお付き合いくださいませ。

売った翌日に上昇!もう少し待てばよかった?

チャンスを逃してして残念だったなーとは思うけれど、わずかながらプラスになったので後悔はしていません。

それよりも欲をかいて損失を出すほうが100倍ツライので良しとします。

ショッピングに出かけたら雲行きが怪しくなってきたので、さっさと買い物を終えて早めに帰宅した。

結果的に雨は降らなかったからもうちょい楽しめたかもしれないけれど、目的の買い物はできたから、ま、良いか。

こんな感じですかね〜

ダウンサイドが小さいときにインをする

はじめに書いた通り、Zoomはボラティリティが高いです。

少し前に1日で17%程の下げを目の当たりにしました。

一気にそこまで下げることは滅多にないとは思うけれど、万が一にも巻き込まれたらたまったもんじゃありません。

大事なのは下がるリスクが低いところでインすることです。

例えば一気に17%下げた直後にインとか。

ま、これも難しのですけれどねー

まずさらなる下げへの恐怖がありますよね。

暴落するってことは相応な理由があるはずで、ちょっとやそっとでは挽回できない深刻なダメージってこともありえます。

そのへんの見極めが難しいですけれど、企業にとって深刻な問題でない場合はチャンスなので積極的に入っていかなくては…と思います。

下がるリスクが限りなく低いところでポジションを持つことが、とっっっても大事です!

次のチャンスは掴むぞ!

そんなわけでZoomの暴落を手ぐすね引いて待っています(笑)

会社でZoomを使ったやり取りをしたんですけれど「これはいいわ~」って思いました。

だって今まではわざわざ遠路はるばる移動して打ち合わせしていたのに、それがなくなったんですよ?

移動にかかる費用と時間を節約できたのです。これはとんでもないことですよ。

コロナ後だろうがみんな使うよ!!っと強く思いました。

Zoomのポテンシャルってすごく高い。

だから、わたしもその波に乗りたい。

次のチャンスはガッチリ掴みたい。

あれ?なんか利確の話がZoomの話になっちゃったな…

最後までご覧いただきありがとうございました。

[safe title=”ブログランキング参加中”] 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)> [/safe]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です