なぜセミリタイアを目指すのか?【FIRE とセミリタイアの違い】

セミリタイアを目指す理由

こんにちは。節約投資家のつくしです。

リタイアにはセミリタイアの他に、アーリーリタイアとかFIREとかサイドFIREってのもあります。

わたしはセミリタイアを目指しているのですが、いろいろなリタイア方法がある中でなぜセミリタイアを目指すのか?について書きたいと思います。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

リタイア後の生活費はいくらかかる?

わたしの1年間の生活費は約180万円です。

1か月あたりだと15万円になります。

年180万円を投資のリターンで捻出しようと考えると、4500万円の元本が必要です。

リターンが低い年も当然あるでしょうし、リタイア直後に暴落が来て元本割れしようものなら致命傷になりかねません。

安全を見て5000万円の元本を確保しようと決めました。

この元本にプラスして退職金も数百万円はあるだろうから、仮に退職直後に暴落が来ても耐えられるかなぁと考えています。

ここまで読んで「あれ?」っと思った方がいらっしゃるかもしれません。

生活費分以上の元本を確保するなら、セミリタイアじゃなくてアーリーリタイア(早期退職)でいいんじゃない?と。

リタイア後は何をする?

完全にリタイアできるだけのお金がないと退職する勇気が持てません。

いつだったかも書いたけれど、石橋を叩いて渡る性格なので用心深いのです。

わたしにとって退職する条件が『リタイアできるだけの元本を確保すること』。

その上でリタイア後に何をしたいのか、よく考えました。

考えて出した答えが、「働きたい」でした。

え?どゆこと??

…ですよね(笑)

リタイア目指しているのに働きたいって。

よーーーく考えたら、わたし、労働は嫌いじゃないんですよ。

誰かの役に立てるのが嬉しいのです。

喜んでもらえたら幸せなのです。

だから労働は嫌いじゃない。

じゃあなぜリタイアを望むのか。

今の働き方が嫌なんです。

朝4:30に起きて、暇なのに8時間も拘束されて、嫌いな上司と同じ空間にいなくちゃいけなくて、空気読んで愛想笑いして…

仕事内容が嫌なわけじゃないんです。

だからカタチを変えて働きたい。セミリタイアを望みます。

経済的自由があれば別の職場に移ることに躊躇いが無くなるじゃないですか。

労働自体が嫌になった時に辞めることもできるし。

なので、リタイアできるだけの元本を確保した上で働く。

そんなセミリタイアが理想です。

自由への渇望

一人暮らしを始めた理由も、実家暮らしの息苦しさが原因で、自由を求めた結果でした。

今度は経済的自由を目指します。

ハードルは低くは無いけれど、投資を知った今、決して実現困難な目標ではないと思ってます。

一日でも早く実現できますように。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です