【中途覚醒】睡眠改善への取り組み。効果があった3つのこと【早朝覚醒】

【中途覚醒】睡眠改善への取り組み。効果があった3つのこと【早朝覚醒】

こんにちは。つくしです。

もう何年前からか定かではありませんが、眠りが浅いことに悩んでいます。

なかなか眠れない、3時間程度で目が覚める、夜中に起きたら再度眠れない、早朝に目が覚める、など。

眠れないというのは本当に辛いです。

常に眠気がつきまとい、あらゆるパフォーマンスが下がり、疲れが取れにくく、体調不良も長引きがち。

本当に、真剣に、治したいです。

不眠症改善に良いとされる事をいくつも試しました。

今回はその中で効果があった事をお伝えします。

同じような悩みを抱えている人に届けば嬉しいです。

ランキング投票へのご協力をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

湯船に浸かる

湯船に浸かってぼんやりしているとウトウトしてきます。

シャワーだけの入浴だとテキパキ動いてしまうから眠くはならないんですよね。

ぼーっとする時間も必要なんだなぁと思いました。

他にダイエット効果も期待できますし、油脂クレンジングやトリートメントの放置時間にも使えるし、湯船に浸かることで様々な良い効果が得られます。

入浴後にスマホやタブレットを触らない

スマホやタブレットの強い光が睡眠を妨げるのは有名な話ですよね。

実際に真っ暗闇で使うと、刺さるような強烈な光だなぁと思います。

ネットサーフィンやSNSはやめ時が難しいし、興味がある話題に出くわすと頭が回転し始めて、眠気が覚めてしまうことがままあります。

なので入浴でリラックスした状態のまますんなり眠れるように、入浴後にスマホやタブレットを触るのをやめました。

最初はスマホを触らなくなって空いた時間がもったいなく感じたけれど、睡眠が改善されて効果を感じたら時間が惜しいとは思わなくなりました。

1時間程度のまどろみの時間よりも、それ以外の活動している時間帯のパフォーマンスが高いほうが重要ですからね。

読書をして眠気を誘う

上記のまどろみの時間を無為に過ごすのもなぁ…ってことで、読書して過ごすことにしました。

これが効果てきめんで、早ければ30分くらいで眠くなることがあります。

ただし、先が気になるミステリー小説とか、のめり込んでしまうような内容の本は禁止です。

雑誌みたいな肩の力を抜いて読めるものがピッタリです。

その他の睡眠改善への取り組み

ハッキリ効果を実感できたのは上記3つですが、その他にも取り組んだことがあります。

  • 夜は間接照明で過ごす
  • 起床と就寝時間を一定にする
  • ベッドは寝るときだけ使いダラダラしない

これらも試しましたが実感できるような効果はありませんでした。

なのでお試し程度にやってみて、効果があれば儲けもんって感じですかね。

わたしにとって効果があったのは入浴から就寝までの過ごし方を変えることで、熟睡できる時間が3時間から5時間程度に改善しました。

寝る前の環境を整える事が鍵なのかもしれません。

とはいえ、まだ日中に睡魔と戦っている身なので、今後も改善を続けていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です