つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

貯金1000万円を達成するまでにやった10のこと

貯金1000万までにやった10のこと

こんにちは。節約投資家つくし (@i294tsukushi) です。

貯金1000万円を達成するまでに、わたしがやったことを10コ紹介します。早速ネタバレしますが、やったことは以下の通り。

  1. 家計簿をつける
  2. 予算を立てる
  3. 支出を見直してムダを削る
  4. 金利が高い銀行で定期預金をする
  5. 先取り貯金をする
  6. 1年間の目標貯金額を決める
  7. 急な出費対策をする
  8. 耐久消費財などの出費予定を把握する
  9. 家計管理の仕組みをつくる
  10. 楽天カードに支払いを集約する
つくし
つくし

わたしは手取り13万円スタートの薄給事務員です。手取り15万円まで実家暮らし、15万円を超えた頃に独立しました。そして手取り17万円になった30歳に貯金1000万円を達成しました!

薄給で凡人のわたしができたことなので再現性が高いと思います。家計簿なんてアプリを使えば自動的に生成されますし、一個一個は簡単なことばかり。

順番通りにやる必要はありません。できそうなところから生活に取り入れてみてください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ランキング投票へのご協力をお願いします。

家計簿をつける

計画的に貯金をするにはお金の出入りを把握することが一番です。お金の出入りがわからないとムダ使いをしているかのチェックさえできないので、まずは家計簿をつけて収支が見えるようにしました。

わらび
わらび

えー? レシートを見ながらノートに書いていくんでしょ? 面倒だなぁ。

つくし
つくし

大丈夫! 家計簿アプリを使えば手間がかからないよ。自動で振り分けしてくれるし、現金払いの時もレシート撮影で簡単に入力できるよ。まずはアプリを DL して使ってみてね。

お金が貯まる家計簿のつけ方【30歳で1000万円達成】お金が貯まる家計簿のつけ方

予算を立てる

月初めに一ヶ月のお金の使いみちを考えて予算を立てるようにしました。もともとはお小遣いの使いすぎ対策のために始めたことでしたが、お小遣いの上限を決めるにあたり他の費目の数字も出さないと調整できないので、この形に落ち着きました。

  • 今月は家族と食事に行く予定だから娯楽交際費をいつもより3,000円くらい多くしておこう
  • 水道料金の支払がない月だからその分を娯楽交際費にあてよう

こんなふうに、やりくりしています。

この時、合計金額が『収入-貯蓄』の金額に収まるように調整するようにします。そうすれば自ずと先取り貯金になるので、月末には予定通りか、それ以上のお金が残ります。

また、支出を随時入力して、予算に対して実績がオーバーしていないか確認するようにしています。上記の表のように赤字が出たらオーバーしていると気づくので、予算を入力し直して調整します。

その時々で最適化していくため、月末にマイナスに気づいて慌てるようなことはなくなりました。

支出を見直してムダを削る

家計簿を元にムダな出費を洗い出して家計のスリム化をしました。

  • スマホの通信回線を大手キャリアから格安 SIM に変更
  • テレビ等を処分して NHK を解約
  • 生命保険を解約
  • 自動車保険をネット専業の保険会社に変更

1000万円達成後にも、火災保険を変更したりネット代込みのアパートに引っ越したりしました。時間が経てばお得なサービスも変わるので一定期間ごとに見直しています。

家計見直し生活の質を落とさない家計見直し術【目指せ月3万円削減】

先取り貯金をする

生活費やお小遣いの残りを全部貯金すると決めても十中八九ムリです。(←経験済)

つくし
つくし

モチベーションが高いうちは多く残そうとするけれど、モチベーションが低くなったら使う方に意識が向いて、残る金額が少なくなってくるんだよね・・・

予算の章に書いたとおり、先に貯金額を決めて残りで生活するようにすると、予定額以上のお金が残るようになりました。予算内で生活費をやりくりするのは苦しいこともありますが、貯金が積み上がっていく喜びのほうが大きくて習慣化できました。

つくし
つくし

『貯金=楽しい』って意識に変わった時から貯金優先の生活が苦しくなくなりました。意識を変えることが貯金のコツだと思います♪

金利が高い銀行で定期預金

以前はネット銀行のキャンペーンで金利1%つくことがありました。たいていボーナスシーズンにキャンペーンをしていたので、その時を狙って定期預金していました。

ところが今は超低金利なのでこのテクは使えません・・・。

なので今の時代に合った資産形成として、 iDeCo やつみたて NISA を使った株式投資をおすすめします。

昔に比べて今は投資しやすい環境が整っていますし、投資のリターンや非課税制度は当時の定期預金よりも魅力的です。

元本割れの恐れがあるから嫌というのであれば、ネット銀行のキャンペーンを狙って定期預金がいいかと思います。また、iDeCo には元本保証型の商品もあります。

普通預金に預けるだけにせずに、ちょっとでも得になるところにお金を置くように行動することが、大事だと思います。

1年間の貯金目標額を決める

年度始めに「1年間にこの金額は絶対に貯める!!」という目標を決めています。給料から月何万円、ボーナスで何万円、合計何万円、といった感じです。

漠然と貯金することって難しいですし目標があるとやる気アップに繋がりますから、貯金をするならぜひとも目標金額を決めてほしいと思います。

ただ注意してほしいことがひとつだけあって、ムリのない金額の設定をしてください。

つくし
つくし

わたしは貯金を増やしたいがあまりに金額をキツめに設定してしまったことで苦しい思いをしました。欲しい物がある、お金もある、なのに自分が決めた貯金の目標を達成するために使えない。遊びに行きたい、でも貯金のために使えない。段々とお金を使うことが後ろめたくなりました・・・。

やりすぎると自分の首を絞める事になりかねないので、目標はるゆめがおすすめです!

急な出費対策をする

家電のイメージ

冠婚葬祭や家電の故障など急にお金が必要になることがたびたびあります。

予測できる出費を書き出しておおよその金額を算出。予備費として毎月積み立てて備えるようにしました。この管理方法を取り入れることによって貯金を取り崩す事がなくなりました。

詳しい管理方法は以下の記事にまとめております。

予備費管理【家計簿】急な出費にもあわてない! 予備費を使った家計管理術【テンプレート無料配布】

耐久消費財などの出費予定を把握する

耐久消費財管理表

前述の急な出費対策にも書きましたが、家電をはじめとする耐久消費財やイベントの出費予定を一覧にして、いつ何にいくら必要なのか管理するようにしました。上記の表を使っています。

1~数年に1回の出費も予算計上して管理することで、家計簿が赤字になることはなくなりました。

家計管理の仕組みづくり

  1. 月初に予算を立てる
  2. 家計簿に収支を記入していく
  3. 月末に集計して実績を確認する
  4. 家計簿を見直して改善点を探す

以上をルーティン化することで絶対に貯金できる仕組みを整えました。仕組みができてしまえば流れに身を任せるだけでお金が貯まるようになります!

楽天カードに支払いを集約する

公共料金や街での買い物、あらゆる支払いを楽天カードに集約して、ポイント大量ゲットを目指しました。

ネット通販はもちろん楽天市場を使います。ポイント倍率がアップする時を狙って買い物をするのはもはや常識ですよね!?

今は〇〇経済圏ってワードがあるくらいポイ活が活況です。dポイント、Ponta ポイント、Tポイントなど、楽天ポイントに限らず、あなたが貯めやすいポイントを積み立てればいいと思います。

大事なのは積み立てるポイントを集約すること。いろんなポイントを集めても使いづらいので、貯めるポイントはひとつに絞るようにしてください。

まとめ|家計管理ができるようになればお金が貯まる体質になれる!

  1. 家計簿をつける
  2. 予算を立てる
  3. 支出を見直してムダを削る
  4. 金利が高い銀行で定期預金をする
  5. 先取り貯金をする
  6. 1年間の目標貯金額を決める
  7. 急な出費対策をする
  8. 耐久消費財などの出費予定を把握する
  9. 家計管理の仕組みをつくる
  10. 楽天カードに支払いを集約する

以上10コの工夫で1000万円貯めることができました。

もうお気づきかもしれませんが、実はリストの1~9番は家計管理に関することで10番だけが節約術です。つまり節約に心血を注ぐよりも家計管理をきちんとする方が、貯金体質になれるということです。

この記事がこれから貯金を始める方の参考になれば嬉しいです。

つくし
つくし

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です