傘の所持数は何本?折り畳み傘をメインの傘に

傘の所持数は何本?折り畳み傘をメインの傘にする

こんにちは。つくしです。

あなたは傘を何本持っていますか?

通常は、長傘、折り畳み傘、日傘を各1本くらいでしょうか?

わたしは折り畳み傘を2本持っていて、雨傘と日傘を使い分けています。

確実に雨が降る時は雨傘を。

降水確率が低い日や降っても小雨程度の時は晴雨兼用の日傘を持ち歩いています。

常々不思議に思っていることがあります。

みんな何で折り畳み傘を持たないの?と。

土砂降りの日に長傘を持っているのはわかるのです。

しかし小雨程度なら折り畳み傘で充分でしょう?

折り畳み傘なら鞄の中に忍ばせておくことができるし、持ち歩くにしても長傘のように邪魔になりにくいです。

ストラップが付いているものを選べば、ぶら下げる事だってできます。

両手が空くのです。

こんなに便利なのに使っている人が少ないなぁと思います。

みんな折り畳み傘の良さに気づいてないのかな?

てなわけで、今回は折り畳み傘について語ります。

折り畳み傘の良い所

  • コンパクトで邪魔になりにくい
  • 鞄の中に入るから常備できる
  • 傘の所持本数を減らせる
  • 思いのほか安い
  • 置き忘れや盗難に遭いにくい

一個ずつ説明しますね。

コンパクトで邪魔になりにくい

長傘だと手に持たなければならないので片手が塞がってしまいます。

長いから前後を歩く人に気を使わなければならないし、特に階段は怖いです。

自転車やバイクに乗るときは本当に邪魔。

折り畳み傘なら鞄の中にしまうだけで、まるっと問題解決です。

鞄の中に入るから常備できる

鞄の中に入れて常に持ち歩けるのが最高です。

晴雨兼用なら急な雨に対応できるし、お肌の大敵の紫外線も怖くない。

長傘にはない強みですよね。

傘の所持本数を減らせる

ミニマムを求めるなら折り畳み傘の晴雨兼用一択でしょう。

最低限、これさえあれば何とかなります。

思いのほか安い

長傘と折り畳み傘の価格帯はほぼ同じです。

長さよりも、自動開閉や骨の本数の違いが価格に反映されています。

折り畳み傘の方がコンパクトで使い勝手が良いのに同じくらいの値段ということは、コスパが良いとも言えますよね。

置き忘れや盗難に遭いにくい

鞄に入れられるから、店に置き忘れたり盗難にあったりしにくいです。

わたしは折り畳み傘を紛失したことはないですよ。

傘を何本も持っている人がいるけれど、安いビニール傘でも塵も積もればなんとやら。

こんなことで無駄遣いしたくないですね。

折り畳み傘の悪い所

デメリットよりもメリットの方が多いですが、マイナスな点もあります。

  • 長傘よりも小さめなので雨が当たりやすい
  • 長傘よりも貧弱
  • 濡れたときは手荷物になる

一個ずつ説明しますね。

長傘よりも小さめなので雨が当たりやすい

直径が小さめな物が多いです。

体が大きな男性には窮屈かもしれないし横からの雨には弱いです。

土砂降りの天気予報であまり濡れたくない日には長傘を持つほうが無難かと思います。

長傘よりも貧弱

骨の本数が少なかったり弱かったりで全体的に貧弱な作りです。

強風にはめっぽう弱い。

やっぱり天候に合わせて長傘を持つといいかと。

濡れたときは手荷物になる

鞄に入れられることが強みですが、濡れた傘を鞄に入れるのは抵抗がありますよね…

濡れないように傘を入れる袋がついていたりするけれど、それだと不十分なときがあります。

荷物が一つ増えるのを我慢して傘を入れるビニール袋を持つか、濡れたときは手に持って歩くか、どっちかですね。

小は大を兼ねる

折り畳み傘については小は大を兼ねます。

なのでメインで持つのは折り畳み傘を。

そこに足りない傘を足していけば、傘をムダに持つことにはならないんじゃないかと思います。

一人暮らしなのに傘が何本も立て掛けてある玄関なんて萎えます…

必要なものを必要な分だけ。

スッキリ、コンパクトな暮らしが良いですね。

ブログランキング参加中
最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です