つみたてNISAで楽天ポイントを貯める方法 ▶

投資信託の買い時がわからない人が買い時を決める方法

投資信託の買い時、知りたいですよね。暴落の真っ只中にいるとそわそわしてしまう気持ちがわかります。

今回の記事では投資信託の買い時に関する悩みを考えました。

  • 投資信託の買い時っていつだろう?
  • 暴落の時は買うチャンス?

結論から言うと、残念ながら『いつ』とキッパリ答えることはできません。それがわかるなら私が教えて欲しい。笑

そのかわり『いつ』を考えなくてもいい投資手法であるドルコスト平均法を紹介します。

私はこのやり方で暴落前までは100万円以上の利益がありました。今後も世界経済は成長していくと信じているので、いずれ記録更新してくれることでしょう。

この記事の前半では投資信託を買うタイミングを考えて、後半ではドルコスト平均法を説明します。

この記事を読み終えると、投資の知識が増えて、投資への第一歩が踏み出せます!

投資信託の買い時は誰も分からない

暴落のせいで「今が買い時?」という質問をよく目にするようになりました。残念ながら買い時かどうかは誰もわかりません。

その理由は二つあります。

  1. 『買い時』の基準が人によって違う
  2. さらに値下がりする可能性がある

順に説明します。

『買い時』の基準が人によって違う

欲しい利益、とれるリスク、かけれる時間は人それぞれです。

そういう事情が分からないのに、大事なお金のこと、人生を左右しかねないことに安易な回答はできません。

「投資は自己責任で」の文言を一度は目にしたことがあると思います。この意味は、上記のような事情があるから自分自身が判断するしかないということです。

さらに値下がりする可能性がある

暴落時に安く買えたとしても、まだ暴落の途中であればさらに下がる可能性も充分あります。

「チャンスだ!」と思って清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったのに、さらに下がったらどんな気持ちになりますか?ぐっすり眠れないのではないでしょうか?

後から見返すといいタイミングで買えたと思えるかもしれませんが値上がりするまでが相当辛いのではないかと思います。

タイミングを見て買うことは背負わなくてもいい精神的負担を背負うことにも繋がります。

買い時に関係なく投資するドルコスト平均法

ではいつ買うのがいいかと言うと定期的に買い続けるのがいいです。毎月する貯金みたいな感じですね。

これはドルコスト平均法という投資方法です。

ドルコスト平均法とは
株や投資信託などを一度に購入せず、資金を分割して一定額ずつ定期的に継続して投資する方法。

定期的に一定額ずつ購入すると、株価が安い時には多く、高い時には少なく購入することになります。

先にも述べたように『買い時』なんてわからないのだから、ドルコスト平均法の仕組みで自動的に安く買えるのは嬉しいですよね。

毎月でも毎日でも一定額を定期的に買うようにしましょう。

 iDeCo で自動的にドルコスト平均法を実践する

定期的に投資信託を買うのにうってつけの仕組みがあります。それがiDeCoです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは
毎月一定の金額を積み立て、定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

iDeCoをオススメする理由は次の4つです。

  • 税が優遇される
  • 毎月積み立てる
  • 60歳まで引き出せない
  • 品揃えが良い

税が優遇される

かかってくる税金が控除もしくは非課税になります。

  • 所得税・住民税が所得控除』の対象
  • 受け取る時公的年金等控除』『退職所得控除』の対象
  • 利益が非課税

毎月積み立てる

毎月一定額を積み立てる仕組みなので、自然とドルコスト平均法を実践できます。

60歳まで引き出せない

デメリットでもあるけれど長期の資産形成という意味では良い仕組みだと思います。

品揃えが良い

投資信託は選びきれないほどたくさんあります。ですが買うに値するものはごく一部です。iDeCo は厳選された品揃えなのでハズレを引きにくくなってます。

何よりも節税効果が大きいです。積極的に利用しましょう。

つくし

iDeCo を利用してドルコスト平均法で投資信託を買う

最後に復習です。

  • 投資信託の『買い時』は誰にもわからない
  • ドルコスト平均法で定期的に積み立て購入する
  • 節税もできる iDeCoがオススメ

『買い時』の判断はすごく難しいです。

暴落しているときに買っておけば損しないだろうって考えますよね。ですがそう上手くいかないのが投資の怖いところ。実はまだ下げ相場の途中だった…なんてことはよくある話です。

長く投資を続けている人はその怖さがよくわかっているから暴落時に手出しできないって言ってます。

何も考えず自動的に積み立てるやり方が手間も精神的な負担もかからなくて良いです。私はほぼ貯金感覚で積み立ててます。

積み立てには一度手続きしたらほぼホッタラカシにできて節税効果が素晴らしいiDeCoの利用がオススメです。

利益にかかる税金って20%なんですよ。100万円儲かっても80万円しか受け取れないという。それが非課税になってまるまる100万円受け取れるのだから利用しないなんてありえない!って思います。

iDeCoを利用して毎月一定額の投資信託を買うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です