心配性な性格で良かったこと

心配性な性格で良かったこと

こんにちは。つくしです。

わたしが一人暮らしを始めたときのお給料は手取りで約15万円でした。

当時は今ほど節約術に長けてなかったこともあり毎月の収支はほぼ±0でした。

できる範囲で節約をして、なるべく貯金するように努力したし、ボーナスもほとんど貯金に回してました。

なぜそんなに貯金ばかりしていたかというと将来が不安だったからです。

不安だからお金を貯めて備えておく。

それってわたしにとってはごくごく当たり前のことで、みんな当然そうしているもんだと思っていたけれど、全然そんなことはないと知ったときは驚きましたね。

あればあるだけ使ってしまう人。

あるだけじゃ足らず、クレジットカードを使ってボーナス払いにしたり、果てはリボ払いに手を出したり。

心配性のわたしは、「ボーナスなんて不確定なものをアテにしていいの?」

「リボ払いに手を出すまで困窮しているのに、将来に利息分余計に払う余裕なんてあるの?」

って、考えてしまいます。

石橋を叩いて渡る性格のせいで徒労に終わることもあるけれど、ことお金に関してはこんな性格で良かったなぁって思います。

心配性だからマネーリテラシーを高めることができた

将来のお金の不安を解消するために、まず老後にいくら必要なのか?

何度も何度も計算しました。

毎月の生活費がザックリ15万円。

老後が30年とすると360ヶ月。

年金は少なく見積もって7万円くらい?

…とすると老後に必要な金額は2880万円。

だいたい3000万円が目安だな。

家を買うとすると5000万円くらい欲しい。

こんな計算をしました。

3000万にしろ5000万にしろ遥かに遥かに遠い数字なので、もっと節約して貯金しなければ到底届きません。

なので次は節約系の情報を集めまくりました。

その先で保険について学び、生命保険は全部解約しました。ケータイも格安SIMに移行。

節約できることは全部やりました。

そして次のステージ。

投資への一歩を踏み出しました。

株式投資で世界が変わった

資産運用の古典『バビロンの大富豪』にお金に働いてもらうエピソードが出てきますが、今の資産の増加具合を見ていると本当に『お金に働いてもらっている』と実感します。

なんせわたしの年収と同じくらい、ひょっとするとそれ以上に資産が増えている。

こうなると実質2馬力ですよね

わたしが二人いるも同然。

道理で投資する余力のある人たちはどんどん富んでいって、投資をしない人たちとの差は開くばかりなわけだ。

お金に働いてもらうことってこういうこと、お金ってこうやって扱うんだと知って世界が変わりましたね。

もしもわたしが将来に不安がなく、お金が入るそばから使っていくような性格だったら、この残酷な現実に気づかなかったことでしょう。

だからこの性格、この境遇、今のわたしで良かったのだろうと思います。

ブログランキング参加中
最後までご覧いただきありがとうございました。 「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です