Zoom大幅下落!買い時到来?

zoom下落、買い時

こんにちは。つくしです。

先日このような記事を書きました。

利確のタイミング利確はどうする?売った翌日に上昇した話

そこで「Zoom下落したら買いたい!」と言ってます。

11/30の決算発表後、-15%の大幅下落をしたので、いよいよ買い場到来?という雰囲気です。

さてはてどうするか…

今考えていることを書きます。

Zoom-15%の下落。買い場到来?

買いたい人にとってチャンスがやってきました。

好決算を出した企業がこんなに下がるなんて、世の中間違っているよね〜

なんて思うけれど、それだけみんな今後を警戒しているのかな?

何を警戒しているのか、ちょっと考えてみました。

Zoomのリスク

  • 新型コロナワクチンの緊急使用承認
  • 金利の上昇
  • 経済活動再開による客の減少

新型コロナワクチンの緊急使用承認

ファイザーのワクチンは90%以上の効果アリというニュースが流れたときにガツンと大きく下げました。

そのインパクトは絶大でトラウマになってもおかしくない出来事だったなぁと。

なので利が乗っているならば早めに逃げよう、ワクチン関係のニュースが出る前に利確しようと考えてもおかしくはありません。

ただもう世間は承認許可が下りる前提で動いているフシもあるので、とっくに株価に折り込まれているかもしれませんが…

金利の上昇

金利の上昇はZoomのようなグロース株には死活問題です。

単純に株以外の投資対象にお金が逃げるというのもあるし、グロース株の株価を算出するときの割引率に長期金利を使うから株価が下がります。

今は例を見ないほど金利が低い状況です。

今後の金利上昇は避けて通れません。

避けて通れないマイナス要因がある株を手元に置きたくない…

そう考えるのも無理ありませんよね。

経済活動再開による客の減少

自由に移動できるようになれば客が減ることが予想されます。

オンライン飲み会もいいけれど、やっぱりお店で美味しいものをつつきながら一緒に食事したいですし。

現地に行かなければならない仕事もありますし。

新型コロナ特需がなくなったら落ち着くべきところに落ち着く、利益が下がると思います。

Zoomは定着するか?

短期目線では前に上げたリスクがあるから厳しい状況だと思います。

けれども長期で見ると将来性は抜群だとも思うのです。

Zoomを実際に使ってみてビデオ会議の便利さに気づいた人が大勢いて、コロナ後も使い続けるだろうから。

特需はなくなるけれど結構な割合で客は残ってその後は緩やかに客が増えていくのでは?と考えてます。

結局買うの?買わないの?

わたしはもうちょい様子見します。

ダウンサイドがまだまだありそうなのでね…

コロナ禍が去り落ち着いてからINしても十分ではないかなぁと。

アップダウンが激しい銘柄なので慎重にいきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中
「読んだよ」のしるしに応援ポチお願いします<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です